2021年2月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました

2021年2月で目立ったのはCX-8の販売台数が前年比約168%にもなっている点ですね(前年比だとCX-3の方が上ですが)。

2021年2月マツダ車販売台数(乗用車の一部)

今月からMX-30 EVモデルを( )で追記しました。マツダの発表台数と異なる場合があります。
2021年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
CX-30
〈2,500台〉
CX-3
〈2,000台〉
Mazda2
〈3,500台〉
MX-30
〈1,000台〉
1月1,3042232,0371,7732,5846551,984833(97)
2月2,5612,5891,7192,0171,0062,676(29)
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
12月CX-8Mazda6CX-5Mazda3CX-30CX-3Mazda2MX-30
合計3,8652234,6263,4924,6011,6614,660833
平均1,9332232,3131,7462,3018312,330833

今月、前年比超えをしたのが、Mazda2とCX-8、CX-3の3車種でした。この内、CX-3は前年比約268%にもなりましたが…台数で見ると1,006台なので販売目標の約半分と寂しい数字になっています。

CX-8は、商品改良モデルが、2月に数多く納車(登録)されたということでしょうか。2,000台を超えたのは2020年3月以来です。何がユーザーの心に刺さったのかなぁ?

燃料別販売台数

先月から目をつけ始めた「燃料別販売台数」を統計が発表されるのに合わせて、ランキングと一緒に追っかけていきます。注目点は、ディーゼルとHVの動向です。おまけでEVって感じです。

現行車にSKY-G+M Hybridモデルが追加になるのは、いつ頃でしょうね…今年の年次改良かな? 乗り味が変わるので楽しみです。

2021年2月新車乗用車販売台数ランキング発表


乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ライバルがひしめくこのクラスでCXー3は良く健闘していると思います。それより問題は、mazda2が相変わらず売れてない事で、今までなら台数の一番見込めるクラスなのですが、ここが息詰まるとマツダにとっても苦しいはず!フォグランプの無いグリルは個人的には少し抵抗があり、顔は各車種とも第六世代のほうが個性があった感じがします。mazda2も名称変更前のデミオの顔の方が良かったです(我が愛車です)。2022年から始まる新車群も少しずつ顔を変えて、mazda3やCXー30顔になって欲しくないです。