マツダ、CX-8に新ボディーカラー、新世代マツダコネクトなどを採用する商品改良を実施

マツダ、CX-8に新ボディーカラー「プラチナクォーツメタリック」の設定や、新世代マツダコネクトを採用しコネクティッドサービスを利用可能にするなどの商品改良を行い2020年12月17日に発売します。

「CX-8」 商品改良の概要

今回の商品改良では、3列シートクロスオーバーSUVとして好評のデザインと利便性をさらに洗練させるとともに、走行性能の向上による、「走る歓び」の進化を図りました。

MAZDA NEWSROOM「MAZDA CX-8」を商品改良|ニュースリリース

新外板色の設定、アルミホイールのデザイン変更など

  • ロントグリルの形状を変更
  • 新外板色「プラチナクォーツメタリック」を専用設定
  • Exclusive Mode専用装備として、19インチアルミホイールのデザイン変更、フロントバンパー下部にガーニッシュを付し、ワイド感の増したテールパイプを採用
  • シートにサイドキルティングを施しソフトな質感を際立たせるモダンな作りこみを実現

SKYACTIV-D 2.2:ディーゼルエンジンらしいパワフルな走りを強化

  • 最高出力を140kW(190ps)/4,500rpmから147kW(200ps)/4,000rpmに向上させ、高速道路での合流や追い越しシーンでのパワフルな加速を持続的に発揮
  • アクセルペダルの操作力を最適化することで、SKYACTIV-D 2.2の強力なトルクを精度よく、加減速コントロール性をより意のままにコントロールできるように改善

SKYACTIV-DRIVE(6AT):応答性の向上

※ SKYACTIV-G2.5Tを除く

  • 素早くアクセルを踏み込んだ時、「ドライバーは早く加速をしたい」とクルマが判断し、これまでよりも素早く変速することで、ドライバーが欲しい加速力を瞬時に発揮するようにサポート

快適装備:快適性の向上

  • ハンズフリー機能付きパワーリフトゲートを搭載(ボタン操作による開閉操作も可能)
  • ワイヤレス充電(Qi)を設定
  • センターディスプレイのサイズを大型化(8インチ→8.8インチor10.25インチ採用)
  • コネクティッドサービスの導入

CX-8に新外板色、新世代マツコネなどを採用する商品改良

シート:タイプ/カラーの拡充

  • Exclusive Modeに、6人乗り仕様に加えて7人乗り仕様を追加設定、それぞれにオーバーン(赤褐色)を新採用
  • L Packageに、ブラックとレッドを新採用

CX-8に新外板色、新世代マツコネなどを採用する商品改良CX-8に新外板色、新世代マツコネなどを採用する商品改良

特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の設定

  • 黒で引き締められた外観と、赤の差し色を取り入れた内装によって、スポーティさが増した、上質で精悍な装いを表現
  • ベース車は、PROACTIVE(プロアクティブ)グレード

メーカー希望小売価格(消費税込)

価格帯:2,994,200円~5,109,500円


CX-8が初登場した時の簡素な設定からすると、なんと贅沢なラインナップと設定になったことでしょう。「3列シート7人乗りSUV」のジャンルで行けるぞ!とシフトチェンジした結果かな?高級、高額な方向にどんどん進んでいますが、ユーザーからはこの方向が望まれているということなんでしょうね(へぇ〜)。

ポリメタに続き、新ボディーカラー「プラチナクォーツメタリック」が設定されました。シャンパン系の淡い色でとても好感が持てるいい色だと思います。微妙な色合いでいうとセラメタがありますけど、最近、設定されることが少ないですね。これもいい色だと思うんだけど、人気がないんですか?

公式の動画が(まだ)無いので、河口さんのを貼っておきます。

もはや輸入車に迫る高品質感の マツダ CX-8 Exclusive Mode を LOVECARS!TV! 河口まなぶ が詳細解説!

CD/DVDがショップオプション化か…Mazda3でも早く変更して欲しかった。

マツダ、CX-8にサンルーフや2列目電動化など装備を充実させ、11月28日より発売します。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    アメリカ仕様のCXー9とは違うデザインのグリルをCXー8は、まとって出てきましたね!一方でCXー5は外観には変更がない年次改良となりましたが、ビッグマイナーチェンジは実施されるのかどうかというタイミングで、おそらく6気筒FRのラージ群SUV車が登場することになりそうです。となるとFFのCXー5と共存してしまう事を考えると、5人乗りラージSUV車のトップバッターはCXー5ではなくCXー7となるのではないかと妄想します。CXー5のポジションは外せないし、外してはいけないという思いが個人的に強く、FFとFRを共存させて欲しいです。