マツダCX-5後継車をいろいろと妄想してみる #2-サイズ感

マツダCX-5後継車をいろいろと妄想してみる #2-サイズ感

マツダ次世代ラージ商品群の最初に登場すると噂のCX-5後継車(CX-50?)についていろいろと妄想してみます。2回目はサイズ感について。

マツダCX-5後継車のサイズ感を妄想

次期CX-5と呼びたいところですが、CX二桁シリーズに変更する可能性もあるので、「CX-5後継車」としておきます。

KE系からKF系へのフルモデルチェンジの場合

2016年12月にKF系にフルモデルチェンジした時は、外寸と室内寸法に大きな変化はありませんでした。ないどころか、小さくなる部分さえありました。数値は、U.S. News & World Reportを参考にしています。

CX-5 KE系とKF系の寸法比較
KF系KE系
外部寸法(inch)全長179.1179.3
全高65.367.3
全幅72.572.4
ホイールベース106.2106.2
内部寸法(inch)頭スペース(前/後)39.7 / 39.040.1 / 39.0
腰スペース(前/後)55.2 / 55.355.2 / 53.7
肩スペース(前/後)57.1 / 54.857.5 / 55.5
足スペース(前/後)41.0 / 39.641.0 / 39.3
室内容積(cu. ft.)103.6103.8
荷室容量(cu. ft.)30.9 / 59.634.1 / 65.4

前回、コンセプトを妄想した時にも確かめてみましたが、CX-5後継車はキープコンセプトになるのではないでしょうか。すると、ボディーサイズや室内寸法はKF系をほぼ踏襲するのではないでしょうか。

日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したトヨタRAV4と比較

ちなみに、アメリカでもよく売れているというトヨタRAV4とサイズ比較してみると、案外違いが少ないです。室内容積はCX-5の方が大きいくらいです。

CX-5とRAV4の寸法比較
KF系RAV4
外部寸法(inch)全長179.1180.9
全高65.367.0
全幅72.573.0
ホイールベース106.2105.9
内部寸法(inch)頭スペース(前/後)39.7 / 39.039.5 / 39.5
腰スペース(前/後)55.2 / 55.354.3 / 47.7
肩スペース(前/後)57.1 / 54.857.8 / 56.4
足スペース(前/後)41.0 / 39.641.0 / 39.3
室内容積(cu. ft.)103.698.9
荷室容量(cu. ft.)30.9 / 59.637.6 / 69.8

アメリカではともかく、日本ではCX-5の全幅1,840mmは、よくでかいでかい言われていました。しかし、RAV4の売れ行きが良いと1,855-1,865mmでもでかくないとか言い出しました。まさに「勝てば官軍」ですわ。

ただし、日本でも少し大きくても許される雰囲気はできたことになります(ほんと?)。

直6エンジンを積むBMW X5と比較

今のCX-5とBMW Xシリーズと比較するならX3なのですが、CX-5後継車が直6エンジンを積むとすると、X5と比較したほうが良さそうなので、X5との比較写真を作りました。X5の長さは室内のゆとりに多くが使われているように見えます。

CX-5とBMW X5、X3の寸法比較
KF系BMW X5BMW X3
外部寸法(inch)全長179.1194.3186.1
全高65.368.766.0
全幅72.578.974.7
ホイールベース106.2117.1112.8
内部寸法(inch)頭スペース(前/後)39.7 / 39.040.8 / 38.740.0 / 38.5
腰スペース(前/後)55.2 / 55.3– /-– /-
肩スペース(前/後)57.1 / 54.860.0 / 58.157.6 / 56.0
足スペース(前/後)41.0 / 39.639.8 / 37.440.3 / 36.4
室内容積(cu. ft.)103.6101.4
荷室容量(cu. ft.)30.9 / 59.633.9 / 72.328.7 / 62.7

マツダCX-5後継車のサイズ感

さて、結局の所、CX-5後継車のサイズ感は、KF系より全体的に十数センチくらい多いくなった程度ではないでしょうか。これでもX3よりは小さい感じです。

CX-5後継車の妄想サイズ感
CX-5後継車
外部寸法(mm)全長4,545-4,700
全高1,700-1,730
全幅1,840-1,860
ホイールベース2,700-2,750

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    CXー5は、現在のポジションを確立していることから、おっしゃる様に次期モデルもキープコンセプトでいくものと思われます。但し、CXー5まではスモール群に属させ、ラージ群はCXー8、CXー9に任せる、またCXー5の派生車種としてCXー7(CXー70?)を復活させる。ラージ群の電動専用車としてMXー60をラインナップさせる! しかもその電動車は、2ストロークエンジンをラージ群の専用レンジエクステンダーとして使用し、スモール群のロータリーと使い分けをする‼︎ ってな事を妄想しています。