マツダのラージ商品群第一弾CX-60をいろいろ妄想してみる #1-サイズ感

マツダのラージ商品群第一弾CX-60をいろいろ妄想してみる #1-サイズ感

ラージ商品群の最初に登場すると報道されているCX-60についていろいろと妄想してみます。まずは、「ラージ」というサイズ感の妄想です。

マツダCX-60のサイズ感を妄想

広々とした車内スペース

マツダは、デジタルマガジン2020年冬号の中で、ラージ商品群の説明の一つに次のように書いています。

マツダは、広々とした車内スペースと快適性に加え、マツダの独自価値をお届けできる、より大きい車両「ラージアーキテクチャ」の開発に取り組んでいる

わざわざ「ラージ」と言っているくらいなので、狭い道路事情のある国で使われることを想定しているCX-60(CX-80)であっても、「広々とした車内スペースと快適性」は備えていると思いたいですね。

適材適所のサイズにできる利点

今回、わざわざ「標準ボディ」と「ワイドボディ」を分けたことで中途半端なサイズではなく、適材適所で使いやすく、ユーザー求めるサイズに収めることができるはずです。

SNSでは全幅1,900mmという話も

SNSには「ディーラーでCX-60の全幅を1,900mmだと聞いた。」とする書き込みも…。1,900mmは、日本では大きくね?と思い、全幅が1,900mm近くの主に欧州メーカーのクロスオーバーSUVを集めてみました。

モデル全幅(mm)
BMW X52,005
Audi Q71,970
CX-91,969
MB GLE1,950〜2,020
Volvo XC601,900〜1,915
LEXUS RX1,895
BMW X31,891
MB GLC1,890〜1,930
Volvo XC401,875
LEXUS NX1,865
TOYOTA RAV41,855〜1,865
TOYOTA ハリアー1,855
CX-51,840
Audi Q51,795

正直、欧州車ばかりだとピンとこなかったのですが、レクサスRXくらいと分かれば想像しやすいです。

標準(ナロー)ボディで1,900mmだとした場合、ラージは2,000mm近い数字になるのでしょう…すると、BMW X5と並ぶサイズですか…大きいですね。

自分は、CX-5の1,840mmも幅広くて困ったことが何度かあったので、1,900mmという幅ならたとえ資金があっても手を出しにくいですね。

フォローしませんか?

 

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    CXー5とかぶらない大きさで、しかもラージ群であることを考えると、それくらいの大きさになるのかもしれません!だからこそ大きな車が敬遠される可能性がある為、CXー5を現状のまま残すのかもしれないですね!

  2. GJ乗り より:

    正直MAZDAの言う広々が何を指しているのかは不明ですよね(笑)
    他社同クラス比で広いというならば、今までの設計思想を踏襲している前提ならそれなりのボディサイズが必要かと
    実際スペース効率に優れるFFでありながらMAZDA6は同じDセグでFRのスカイラインに室内長で負けているんですよね(確かカムリやアコードにも負けてますが)
    要するに第6世代のロングノーズそのままにFR化するとしてもボディサイズが拡大しなかったら広々は厳しいのでは…という予想です
    なのでCX-60は同サイズと言いながらもCX-5より一回り大きい(RXくらい?)と思いますね
    ただFR導入により目論見通り車種全体で価格のカバレッジを広げるとしてもCX-5が無くなれば価格、サイズ的に穴が空くので当面は残すのだろうと
    もっとも2030年に全車電動化するので、それまでには廃版、そして旧シャシーを改良して一部第7世代化で電動化するか、スモール群シャシーを使って電動化対応しつつFFを維持した後継(CX-50か別の国内版)を出すのかするのでしょう