マツダCX-30とマツダMX-30が2020年レッド・ドット・デザイン賞で「Red Dot Award: Product Design 2020」を受賞

マツダCX-30とマツダMX-30が、世界的に権威あるデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」で「Red Dot Award: Product Design 2020」を受賞しました。

CX-30とMX-30が「Red Dot: Product Design 2020」を受賞

「MAZDA CX-30」と「MAZDA MX-30」が、世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつであるドイツの「2020年レッド・ドット賞:プロダクトデザイン部門」を受賞しました。

レッド・ドット賞は、「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」が主催する60年以上の歴史を持つデザイン賞で、世界各国から応募された自動車に限らない幅広いカテゴリーの工業製品から、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づき審査が行われます。同賞には、最高位の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」、今回受賞した「レッド・ドット賞」、特別賞である「オーナラブル・メンション賞」などがあります。

MAZDA NEWSROOM「MAZDA CX-30」と「MAZDA MX-30」が独「2020年レッド・ドット賞:プロダクトデザイン部門」を受賞|ニュースリリース

新世代商品の日本的美意識が高評価

新世代商品の第一弾Mazda3は、2019年にレッド・ドット・デザイン賞の最高賞である「Red Dot: Best of the Best」を受賞しました。

CX-30は、世界で最も美しいクロスオーバーSUVを目指し、流麗で伸びやかな美しさと、SUVらしい大胆な力強さという2つの表情を併せ持つデザインです。
CX-30とMX-30が「Red Dot: Product Design 2020」を受賞

MX-30は、「魂動デザイン」のもと、さらに芸術性を高めるとともに、表現に拡がりを持たせることに挑戦。そのデザインを新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、「Human Modern」をコンセプトに作り上げています。


こうして、従来路線のCX-30と少し変化を加えたMX-30の双方のデザインが高い評価を得られるのは嬉しいことです。マツダもしてやったりではないでしょうか。

9台のマツダ車がレッド・ドット・デザイン賞を受賞

これまでに7台のマツダ車が、レッド・ドット・デザイン賞で最高賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」、今回受賞した「レッド・ドット賞」、特別賞である「オーナラブル・メンション賞」を受賞しています。

この次、マツダ車がレッド・ドット・デザイン賞を受賞するのは、第7世代ラージ商品群が登場する2022年以降でしょう。きっとMazda3と同様の高い評価を得ることと思います。

 

フォローしませんか?