豪州マツダ、CX-5の商品改良に合わせてディーゼルモデルを廃止

この記事は約1分で読めます。
Ads by Google

豪州マツダ、CX-5の商品改良に合わせてディーゼルモデルを廃止

豪州マツダは、CX-5の商品改良に合わせて不人気だったディーゼルモデルをラインナップから外しました。

豪州マツダ、CX-5の商品改良に合わせてディーゼルモデルを廃止

ディーゼルエンジンは販売台数のわずか4%未満を占めており、選択できるモデルも限られていました。通常の2.5リットルガソリンエンジンを搭載したモデルと比較して、ディーゼルエンジンは3,000ドルも高く、予算に制約のある多くの顧客には魅力的でなかったことが一因かもしれません。

ただし、この変更に伴い、CX-5の他の部分にもいくつかの軽微な変更が加えられました。新しいモデルには価格の上昇が伴いますが、それは今後の洗練されたテクノロジーと快適性の向上に充てられます。新モデルには、内外装のアップデート、新しい外装色、拡張された標準機能などが含まれ、運転体験が向上することでしょう。

2024CX-5は、2024年1月の発売に向けて、現在注文可能です。

 
2024 Mazda CX-5 diesel axed in Australia, prices rise with updated model range – Drive

 
CX-60には、ディーゼルマイルドハイブリッドがあり、ガソリンターボよりも高額の設定です。こちらは、モデル末期まで残ることが出来るようでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました