豪州マツダ、e-SKY Gを採用した2022 Mazda3、2022 CX-30の予約を開始

オーストラリアメディアによると、豪州マツダは、新たにe-SKYACTIV G 2.0を採用した2022 Mazda3と2022 CX-30の予約を始めたそうです。

豪州マツダ、e-SKY Gを採用した2022 Mazda3、2022 CX-30の予約を開始

記事によると、オーストラリア仕様として大きく変わった点は次のとおりです。

  • M Hybridを採用したe-SKYACTIV G 2.0を採用
  • 国内でのBlack Tone Editionに相当するグレードを追加
  • プラチナクォーツメタリックを新採用(チタニウムフラッシュマイカ廃止)
  • セダンでもポリメタルグレーメタリックが選択可能に

Black Tone Editionの画像も公開されています(ミラーも黒いのでそれですよね?)
豪州マツダ、e-SKY Gを採用した2022 Mazda3/CX-30の予約開始

細かいところでは、SKY-X搭載車にバッジの追加、エンジン音と乗り心地の改善などもあったりしますが、国内では済んでいるので割愛しています。

こうして見ると、エクステリアデザインに大きな変更はないようです。あ、ディミングターンシグナルの横展開も無しですか? オーストラリア仕様では、ということですが。


2022 Mazda 3, CX-30 updated in Australia with new mild-hybrid option, additional features | Drive