[GIMS 2019]スバル、 VIZIV ADRENALINE CONCEPTを披露

スバルは、「VIZIV ADRENALINE CONCEPT」をジュネーブモーターショー2019で披露しました。

SUBARUは、スイス・ジュネーブで開催中の第89回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」を世界初公開しました。

SUBARUは、2014年に共通デザインフィロソフィ「DYNAMIC x SOLID」を定義し、それに基づいたコンセプトカーや量産モデルを通じて、デザイン面からもSUBARUブランドが提供する価値である「安心と愉しさ」を表現してきました。2018年7月に発表した新中期経営ビジョンSTEPでは、これをより「大胆」なデザイン表現に進化させていくことを謳い、そのキーワードとして「BOLDER」を掲げています。SUBARUブランドの持つ世界観を広げ、特徴をより際立たせることで、乗る人全員を更に愉しい気持ちにしたい、新しい方向性を示した「BOLDER」にはそのような想いが込められています。

スバル、 VIZIV ADRENALINE CONCEPT」を披露

スバル、 VIZIV ADRENALINE CONCEPT」を披露

株式会社SUBARU ニュースリリース

パット見、スバルXV(CROSSTREK)の将来像や次期型を示唆するコンセプトカーに見えるのですが、さてさて?


こういう話があるようで、異なるデザインテイストのスバル車を見ることができそうです。

ダイナミックソリッドを採用した現行モデルは、あえて似たデザインテイストを用いることでスバルとしてスタイルを確立してきた。だが、今後のモデルについてはオーナーの求める方向性や車種によって表現を変えていくそうで、その先鋒となるのがSUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPTになる。

【ジュネーブショー 2019】次世代スバルデザインの始まり、新デザイン要素「ボールダー」採用第1弾コンセプトカーを石井守デザイン部長が詳説< - Car Watch

スバルは、ジュネーブモーターショー2019に「VIZIV ADRENALINE CONCEPT」を出展すると発表しています。