スバル(富士重工)とマツダの2013年生産実績まとめ

スバルとマツダが発表した2013年(1-12月)の生産・国内販売・輸出実績によると、どちらも2年連続で前年を上回っています。スバルでは、2年連続の過去最高を記録しています。

スバルでは、インプレッサとフォレスターが売れているとしていますが、まぁ、あとはレガシィくらいしかないから、新しくて手頃な価格帯が売れているということでしょうかね。北米市場がずっと好調な上に中国市場も取りにいこうとすると、レガシィはどんどん肥大化する一方でしょうか。レガシィの代替となるレヴォーグのセダンは、インプレッサG4になるわけですが、付加価値や所有欲を満足させる演出はもっと必要でしょうね。

マツダは、CX-5が世界的に好調で、これに今年から新型アクセラが加われば海外市場でもプラスが期待できるでしょうね(オーストラリアに新型アクセラは未投入だったりします)。BT-50は現行型の登場からもう4年も経つんですね。そろそろSKY-Dを採用した新型に置き換える時期なのでしょうか。

こう言ってはなんですが、どちらのメーカーも数を追わずに、初心貫徹に、ブレずに価値を作りこんだ車をこれからも作り続けることで、ユーザーを増やして欲しいです。マツダは明らかにステージを1つ2つ上がった感があるので、これからがとても楽しみです。

富士重工マツダ
世界生産台数80万8919台7.4%増126万4173台6.3%増
海外生産16万9163台8.5%減29万7545台13.4%減
国内生産63万9756台12.5%増96万6628台14.3%増
国内販売18万818台1.7%増22万8256台4.5%増
輸出47万1072台24.2増78万7683台17.3%増

スバル富士重、世界生産・輸出が2年連続で過去最高…2013年実績 | レスポンス
マツダ、世界生産は2年連続プラスの126万台…2013年実績 | レスポンス

広告
 

フォローする