AQUOSサウンドパートナー AN-SS1を購入

夜中にそれなりの音量でテレビを見るためにAQUOSサウンドパートナー AN-SS1を購入しました。

AQUOSサウンドパートナー AN-SS1

シャープは、テレビやスマートフォンの音声を耳元で楽しめる、ウェアラブルネックスピーカー『AQUOS サウンドパートナー』<AN-SS1>を発売します

本機は、Bluetooth方式を採用、首に掛けて装着することにより、イヤフォンやヘッドフォンのように周囲の音を遮ることなく、ワイヤレスでテレビの音声やスマートフォンの音楽を耳元で聴くことができます。約88gの軽量な本体設計に加え、連続約14時間の長時間再生が可能で、例えば料理中や深夜にテレビの音声を聴きたい時、ウォーキング中に音楽を聴きたい時などに長時間装着したままでも快適に使用できます。

また、スマートフォンの通話や、AIアシスタントを呼び出しての音声検索などをハンズフリーで行えます。

『AQUOS サウンドパートナー』<AN-SS1>を発売|ニュースリリース:シャープ

AN-SS1購入動機

冒頭に書いたとおり、夜中にテレビ音声をイヤホンやヘッドホン以外でしっかり聞きたいと思っていたので、AN-SS1のプレスリリースを見て「お、これは欲しい」と思いました。

他のメーカーでも同様のデバイスが出ていましたが、重量と価格が合わなかったので見送っていました。

AN-SS1を発売日に購入


セットアップは、ぜんぜん難しくはありません。USBスティックタイプのBluetoothトランスミッターをテレビのUSBコネクタに挿して、ヘッドホン端子とも繋げばおしまいです。

電源を入れると、女性の声でバッテリーの残量を「ハイ」「ミディアム」「ロー」の三通り知らせてくれます…英語ですけど。これは、日本語にして欲しかったです。

テレビと接続

ただし、テレビの設定を少しいじる必要があります。ヘッドホンとスピーカーを同時に出力するようにすると、AN-SS1を使っていないときでも、これまで通りテレビを見ることでき、使い分けが容易です。
自分の古めのソニーのテレビでは、こんな感じです。AN-SS1を使っているときは、スピーカーを最小にします。消音にするとAN-SS1の音も消えますから。

iPhoneと接続

AN-SS1の「再生・一時停止」と「コール」ボタンを同時に押して、接続待機状態にして、iPhoneとペアリングします。接続すると、iPhoneからバッテリーの残量を確認できます。

AN-SS1を一週間使ってみて

今のとこ特に不満に思うことはないです。いくつかピックアップすると…。

  • 軽さは正義。本体重量88gのおかげで、数時間首元にかけていても肩が凝ることはないです。
  • 音質は、スピーカーが小さいのでそれなりですが、人の声を中心に聞くならば強く不満に思うことはないです。
  • テレビ音声の細かい背景音も聞き取れるようになります。
  • テレビ本体のスピーカーとの遅延は極わずかだと思います。
  • 充電用端子に蓋は、(すぐに壊れそうだし)不要だと思います。

おすすめ度
★★★★


[楽天市場]AQUOSサウンドパートナー AN-SS1 検索結果