キヤノン、ハイスペック・フルサイズミラーレス「EOS R3」 開発発表

キヤノン、ハイスペック・フルサイズミラーレス「EOS R3」 開発発表

キヤノンは、高速・高感度・高信頼性をコンセプトとしたハイスペック・フルサイズミラーレス「EOS R3」の開発発表を行っています。

ハイスペック・フルサイズミラーレス「EOS R3」

キヤノンは、新開発の35mmフルサイズ裏面照射積層型CMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、プロやハイアマチュアユーザーのニーズに応える高い基本性能と信頼性を兼ね備えたフルサイズミラーレスカメラ“EOS R3”の開発を進めています。

フルサイズミラーレスカメラ“EOS R3”を開発 高速・高感度・高信頼性によりユーザーの撮影領域を拡大 | キヤノングローバル

ニュースリリースでは、EOS-3のことに全く触れていないのが不思議です。


EOS R3の開発発表ということで、特長のみを紹介するページのみですが、やはり、目を引くのは「視線入力」の搭載ですね!

EOS-3の視線入力は、ファインダーの覗き方しだいで機能が働く・働かないがあったり、見ている隣の測距点を選択するなどの癖がありましたが、なかなか使い勝手が良いカメラでした。

現代のセンサーや演算技術で「視線入力」が復活するのは、とても楽しみです。

縦グリ一体のボディは、プロ志向ですけど…EOS R1登場までのつなぎですかね?

EOS R3の特長

  • 新開発の35mmフルサイズ裏面照射積層型CMOSセンサー
  • 映像エンジン「DIGIC X」の高速画像処理
  • 電子シャッター撮影時においてAF/AE追従で最高約30コマ/秒の高速連写と高感度を両立
  • 電子シャッターによる像の歪みを大幅に抑制
  • 室内や夜景など暗いシーンでもノイズを抑えた動体撮影を実現
  • ディープラーニング技術を活用したアルゴリズムの強化により、人物の頭部・瞳の検出機能の向上と新たに胴体の検出を実現
  • キヤノンのデジタルカメラで初めて視線入力機能を搭載
  • 「EOS-1」シリーズで培った防じん・防滴性能
  • 縦位置グリップ一体型ボディー
  • モバイルアプリケーション「Mobile File Transfer」に対応


EOS-3 – キヤノンカメラミュージアム

フォローしませんか?