HUAWEI P10をAndoroid 8.0 Oreoに先行アップデート

HUAWEIが、募集していたP10の先行アップデートテスターになったようです。早速アップデートしてみたのですが…。

HUAWEI P10をAndoroid 8.0 Oreoにアップデート

今日、ファーウェイからソフトウエアアップデートのお知らせ「【ファーウェイの報道発表】『HUAWEI P10』ソフトウェアアップデートのお知らせ」があったので、自分の端末を確認してみました。

すると、様子が違うのでよくよく読んでみると、Andoroid 8.0へのアップデートの通知が来ていました(画像:左)

先行アップデートテスターならばと、さくっと躊躇なくアップデートしました。今、P10はメイン端末ではないですし…。約15分くらいでアップデートは完了です(画像:中)。

ざっと見渡したところ、今まで指紋認証と両立できなかった「パターン」を使うことができるようになっていました(写真:右)。期待していたSmart Lockは、使えないままです(従来通り青歯だけはOK)。

最初から使っていたウィジェットが、使えなくなるという不具合はありましたが、特にここが良くなった!という点もなく、普通〜に使えています。



アップデートの通知画面の内容を抜き出しました。

EMUI 8.0変更ログ

EMUI8.0では、Androidの最新バージョンであるAndroid8.0を搭載していることに加え、端末をより直感的に使用するための機能の追加や改善を実施し、端末の処理速度や安全性を向上しています。今すぐ更新することを強くお勧めします。
推奨レベル:☆☆☆☆☆

ハイライト

  • スマート機能
    新しいフローティングボタンによって、画面のどこからでもよく利用する機能を実行可能。新たに追加されたホーム画面のショートカットによって、最もよく利用するアプリ機能に素早くアクセス可能。アプリアイコンを長押しするだけで、ショートカットメニューを表示できます。
  • 高速化
    Aによる最適化によって、安定性、操作性、速度を向上。本システムの高速化、シームレスなビデオ再生、大容量の画像サムネイルの迅速な読み込みを実現します。
  • セキュリティの向上
    システムセキュリテイへの更新とPrivateSpaceにより、システム、プライバシー、データの保護を強化。

その他

  • スマートヒントにより、特定の環境やユーサーの使用方法に応じて、端末のより高速でスマートな操作方法をユーサーに提示します。
  • PrivateSpaceメニューの最適化により、ご利用の端末上でより簡単にPrivateSpaceの作成が可能。MainSpaceとPrivateSpaceBで簡単にファイルを移動可能。
  • 連絡先とメールにおいて、Linke引n連絡先の経歴情報を同期可能。
  • 設定の再設計により、より分かりやすく、直感的なメニュー構成を実現。
  • ギャラリーにごみ箱を追加し、削除した写真を最大30日間保存可能。誤って削除した写真は、シングルタップで復元可能。
  • 端末管理アプリの簡素化により、端末をより簡単に管理可能。標準のクリーンアップ機能の高速化とディープクリーンアップ機能の強化を実現。
  • ご利用の端末は、バンドや車両など、種類が異なる2台のBluetoothデバイスを同時に接続可能。

重要事項

  1. 自動タイムゾーンで位置情報を使用してタイムゾーンを設定(位置情報が有効になっている場合)
  2. 設定の再設計により、認証マーク、法律情報、規制情報(存在する場合)の場所を変更。

更新時の注意事項

  1. 本アップデートにより個人データは消去されませんが、更新前に重要なデータをバックアップすることをお勧めします。
  2. Android8.0に対応していない一部のサードバーティ製アプリは、システムの更新後に正常に機能しない場合があります。これらのアプリは、Goog厄ayストアで最新バージョンに更新することをお勧めします。
  3. このシステムバージョンは、HiSuiteでEMI-Jl5.1に戻すことができます。システムバージョンを戻すことで、個人データは消去されます。詳細は、コールセンターまでお問い合わせください。
  4. 更新中に問題が発生した場合、Huaweiコールセンターに連絡するか、お近くの正規のHuaweiサービスセンターに行ってサポートを受けてください。
  5. ホーム画面の配置が若干変更される場合があります。

ファーウェイのP10先行アップデートテスター募集ツイート

広告
 

フォローする