[au 2014夏] URBANO L02のマイナーチェンジなんて言わせない!URBANO L03を発表。L02との違いは何?

URBANO L03

URBANO L03

京セラから2014年春モデルURBANO L02のコンセプトを継承した、URBANO L03が発表されました。発売は7月上旬を予定しています。L02からディスプレイが大型化するなどの変更が見られます。

さらに強く、美しく。そして充実のユーザビリティ。

L01からL02の変更に比べ、今回はCPUやディスプレイ、カメラキーなど雰囲気をそのままに中身も含めて(ようやく)進化しています。

また、新素材「Dragontrail X」を国内で初採用しており、TORQUE G01と同等の耐衝撃性、MIL-STD-810G規格を満たしています。

L03L02
OSAndroid4.4Android4.2
RAM/ROM2GB/16GB2GB/16GB
CPUMSM8974AB 2.3GHzMSM8960 1.5GHz
防水/防塵IPX5/IPX8
IP5X
IPX5/IPX8
IP5X
サイズ70×140×9.9mm65×134×11.0mm
ディスプレイ5.0・FHD・TFT4.7・HD・TFT
重さ154g152g
バッテリー3,000mAh2,700mAh
カメラ(R/F)1.3M/0.97M1.3M/0.97M
カラーパープルブラック/
グリーン/ピンク
シルバー/グリーン/
ピンク

Qi対応モデルが「パープルブラック」だけと色で機能を分けています。どうやら他の色ではオプションでもQiを利用できる方法は提供されないようです。なんだかなぁ、ですね。

プロモーションと使い方動画

リリースと商品紹介

京セラ製スマートフォン「URBANO(アルバーノ) L03」新登場 | ニュースリリース | 京セラ
URBANO(アルバーノ) L03 | スマートフォン | au
URBANO L03 | 京セラ

広告
 
 

フォローする