京セラ、ミルスペック準拠のタフネススマートフォン「TORQUE」を国内販売へ

TORQUE SKT01

TORQUE SKT01

昨日、京セラのTORQUEを国内でも発売すればいいと書いていたら…発売されてしまいましたね(笑)。ただ、10万円くらいという価格がどう響くかが心配です。いよいよ、3月下旬以降に国内発売です!

スペックアップして国内に投入とのことですから、SKT01と米国仕様、そして米国でのライバルだったG’zOne Commado 4G LTEのスペックを一覧してみました。こうして見ると、G’zOne Commado 4G LTEと一般的なスペックはほぼ同じですね。

TORQUE
SKT01
TORQUE
米国仕様

G’zOne
Commado 4G LTE

OSAndroid 4.2Android 4.0Android 4.0
CPUMSM8960
1.2GHz
MSM8960
1.2GHz
Dual Core
1.5GHz
RAM/ROM1.5GB/16GB1GB/4GB1GB/16GB
ディスプレイ4.0インチ
480×800/IPS
4.0インチ
480×800/IPS
4.0インチ
480×800/TFT
カメラ8M/1.3M5M/1.3M8M/1.3M
筐体
寸法
W69mm60mm69mm
H129mm113mm130mm
D13.7mm14mm13mm
重さ171g156g175g
バッテリー2520mAh2500mAh1800mAh

TORQUEの主な特長

ミルスペックこと、米国国防総省軍事規格(MIL-STD-810G)の11項目に準拠したスマートフォンとして国内初だそうです。自分もIS11CAユーザーとして、その辺の掲示板を覗いている時には、塩水や湿度に対する要望もあったと記憶しています(自信ないけど)。TORQUEはまさにそういった層に最適な端末ですね。

防水性能30分間にわたる降雨や浸水に対しての防水性能
防塵性能6時間にわたる粉塵環境試験をクリアする防塵性能
耐衝撃性能高さ約1.22mから26方向での落下試験にクリアする落下衝撃性能
温度耐久性能過酷な温度環境下での耐久性能
 動作環境 -21~50℃の温度範囲で3時間の温度耐久性
 保管環境 -30~60℃の温度範囲で4時間の温度耐久性
耐振動性能1時間に及ぶ3方向での振動試験をクリアする耐振動性能
塩水耐久性能24時間の塩水噴霧後、24時間の乾燥放置状態の試験をクリアする塩水耐久性能
防湿性能連続10日間、高湿度の環境下での放置試験をクリアする防湿性能
耐日射性能24時間にわたる日射条件(合計1,120W/m2)をクリアする耐日射性能
低圧性能2時間にわたる低圧(57.11kPa:約4,572メートル)をクリアする低圧性能

販売方法と価格

ダイワボウおよび京セラによれば、法人だけではなく、個人ユーザーでも購入できるとのこと。販路については量販店や通販サイトでも取り扱われる見通し。オープンプライスだが、価格は10万円前後になる見込み。この際、SIMカードは付属せず、端末だけの提供になる。

京セラのタフネススマホ「TORQUE」、3月に国内で – ケータイ Watch

NカシのCAL21で8万円台半ばでしたので、10万円くらいというのはある意味妥当な価格なのかもしれませんが、割引やサポート面を考えると、厳しい条件下で使う端末なので少し不安がありますね。

リリースと商品紹介

「TORQUE®(トルク)」を国内市場で販売開始 | ニュースリリース | 京セラ

Kyocera Torque specs(アメリカ向けのサイト)