新型スバル レヴォーグを先行展示イベントで見てきました

新型スバル レヴォーグ先行展示イベントで見てきました

2020年8月20日に先行予約が始まったばかりの新型レヴォーグの先行展示イベントが札幌でありましたので早速見てきました。

前置きとして、マツダの新型車を見るよりもテンションは低めです。最新のスバルの動向も把握していないので、すでに当たり前になっていることに感心しているかも知れません。エクステリアデザインは、好みの問題だし見慣れてくるとだんだん良くなるものなので特に言及しません。

新型レヴォーグ先行展示イベント

幸運にも、こういったイベントとしては珍しく(?)、北海道での早めのイベント開催となりました。会場にアイサイトXを搭載した白い新型レヴォーグSTI Sport EXが置いてありました。

さて、車の右側には、運転席に乗り込むための4、5人の待ち行列ができていました。まずは並ばずにぐるっと外観をチェック。ラゲッジルーム見ると、床とバンパーの段差がとても小さいです。
新型スバル レヴォーグを先行展示イベントで見てきました

トノカバーは巻取り式で、取り外しも簡単そう。ただ、照明が電球なのはいただけません。
新型スバル レヴォーグを先行展示イベントで見てきました新型スバル レヴォーグを先行展示イベントで見てきました

後席ドアもソフト素材も使われていてしっかりと作ってあります。なんと、ドリンクホルダーに起毛素材(?)が使われています。
新型スバル レヴォーグを先行展示イベントで見てきました新型スバル レヴォーグを先行展示イベントで見てきました

当然リアベンチレーターと後席用USBポート、そして、シートヒーターも。後席への配慮もバッチリですね。そして、窓が大きくて明るいです。リクライニングのレバーは大きいですね。

あ、ボンネットダンパーを装着している。ウォッシャーは、ウェットアーム式かな。

運転席に乗り込むと、右足の外側のスペースはやはり狭いです。メーターは、アイサイトX搭載なのでフルデジタルです。ここの地図表示って正解ですか? メーター中央とハンドル中央が揃っています。

シートは、腰回りのサポートがしっかりしていて、包まれている缶もあり好印象です。

メーターフードは、ソフト素材ではなくカチカチです。運転席周りはカチカチ素材が多い気がします。

コンソール前にあるトレイは照明付き。ここはLEDを使っていますね。

マツダの第7世代商品群を見たあとなので、インテリアの質感は「これくらいが、もはや標準的」と思えます。STI Sportのインテリアの「赤」やその使い方は、とても大人びていて良いです。

周りの車が、どんどん底上げされているのはとても良いことです。これで第7世代のラージ商品群が超えなくてはいけないハードルが見えたかなと思わなくもないです。


NEW LEVORG 先行展示イベント | SUBARU試乗ポータルサイト|SUBARU