米国スバル、創立50周年記念限定車を全車種に設定し発売

スバルのアメリカ子会社であるスバル・オブ・アメリカが、創立50周年を記念して特別仕様の限定車を全車種に設定して発売しています。

特別なボディカラー「ヘリテージブルー」などを採用する50周年記念モデルは「クロストレック(日本名:XV)」「フォレスター」「インプレッサ」「レガシィ」「アウトバック(日本名:レガシィ アウトバック)」が各1050台限定生産。「WRX」「WRX STI」「BRZ」の3モデルはそれぞれ600台、200台、250台の計1050台限定生産となる。

スバル、米子会社スバル・オブ・アメリカ創立50周年記念モデルをシカゴショーで披露 – Car Watch

スバルの特別なカラーは、やっぱりブルー系なのですね。米国スバルは、こういった記念車や特別仕様車が好きですね。以前、「ハイパーブルー」の特別仕様車を限定発売していましたっけ。
https://super.asurada.com/cars/subaru/2015/21590/

50周年記念車のラインナップと価格

50周年記念車の特別仕様


50th Anniversary Special Editions | Subaru of America


どこぞのメーカーは、創立100周年に、特別なアレはともかく、こういった記念車や特別仕様車を発売するのでしょうかね?

広告
 

フォローする