スバル(富士重工)とマツダの2014年累計生産実績まとめ

スバルとマツダが発表した2014年(1-3月)の生産・国内販売・輸出実績によると、どちらのメーカーもSUVが牽引している構図になっていますね。

マツダの方が詳しく報じていて、国内生産、輸出でCX-5が前年比で大きく伸ばしていますね。国内販売ではさすがにアクセラがもの凄いです(笑)。メキシコやタイ、中国で生産が始まっていますので、数字のバランスが徐々に変わってくるでしょうね。

スバルは、国内外でフォレスターが好調だということです。

富士重工マツダ
世界生産台数21万1434台2.2%増32万4176台1.4%増
海外生産4万3809台11.4%減7万2264台1.9%減
国内生産16万7625台6.4%増25万1912台2.4%増
国内販売5万9912台11.2%増8万1858台23.1%増
輸出12万7554台28.3増20万305台1.6%増

富士重工業 2014年3月度および2013年度累計 生産・国内販売・輸出実績(速報)(PDF/201.8KB)
【MAZDA】マツダ、2014年3月および2013年4月〜2014年3月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

広告
 

フォローする