マツダMX-30 R-EVの試乗レビューが公開され始めたみたい(更新)

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

マツダMX-30 R-EVの試乗レビューが公開され始めたみたい

ヨーロッパのメディアでは、記事や動画でマツダMX-30 R-EV(Rotary-EV)の試乗レビューが公開され始めたようです。肝心のロータリーサウンドは?

マツダMX-30 R-EVの試乗レビューが公開され始めたみたい

動画

まずは、動画です。イタリアでメディア向け試乗会があったみたいですね。

(更新)こちらの動画を追加しました。サンルーフ仕様ですね。良いなぁ、輸出仕様にはサンルーフがあるんですよね!

ロータリーエンジンを回そうとする運転をしないですね…。ただ流しているだけの面白みがない動画です。

レビューしている車の前にもMX-30が走っていますね。

いや、喋りすぎ!(笑) そして、肝心のロータリーエンジンの音は…聞こえました? 聞こえなかったように思います。イタリア語(?)なので、何を言っているのかもさっぱり分かりません。

この記事を書いている段階では、この動画一本だけかな?

ウェブ記事

次に、AUTOCARの記事です。記事の後半にロータリーエンジンの音についての記述がありました。

Shift paddles change the retardation level and mostly it hums along electrically and smoothly with, under acceleration, the occasional distant mid-range whirr of a rotary being run at full load, sounding a bit like somebody running a masonry drill three doors down.

Mazda MX-30 R-EV Review (2023) | Autocar

シフトパドルは遅延レベルを変更し、ほとんどが電動でスムーズに走行します。加速時には、時折中距離のジリジリ音が遠くから聞こえ、まるで誰かが3軒隣で石工用のドリルを運転しているようです。

DeepLの翻訳が、一番まとまっているように思いますが、省略が多いので、ChatGPTの翻訳を採用しました。ただ、たとえ話がしっくりこないですねぇ…。

そうそう、MX-30 R-EVのWLTPでのCO2排出量は21g/kmなんですね。

少し遅れて日本でのメディア向け試乗会も行われるでしょうから、そちらも楽しみに待ちましょう。

MX-30
Ads by Google
T's MEDIAをフォローする
Ads by Google
T's MEDIA
タイトルとURLをコピーしました