マツダ、アメリカ向けMX-30 e-SKYACTIV R-EVもキャンセル

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

autoblogによると、マツダは、アメリカ向けのMX-30 EVに加えて投入準備していたMX-30 e-SKYACTIV R-EVもキャンセルしたとのことです。

マツダ、アメリカ向けMX-30 e-SKYACTIV R-EVもキャンセル

What’s slightly more surprising is that Mazda has also cancelled its plans to offer the rotary-powered plug-in hybrid variant, called R-EV, in the U.S. as well. The confirmation comes from a representative at a public relations company Mazda works with.

少し驚くべきことは、マツダが米国でもR-EVと呼ばれるロータリーパワーのプラグインハイブリッドモデルを提供する計画を中止したことだ。 この確認は、マツダと提携している広報会社の担当者から得られたものである。

MX-30 R-EVのキャンセルのわけ

autoblogの記事では、アメリカ向けMX-30 R-EVの投入をキャンセルした理由はを次のように考えているようです。ただし、マツダはアメリカ向けのMX-30 R-EVのキャンセルについて説明をしていません。

  • アメリカでロータリーエンジンを認定するのは困難で高額なプロセスになる可能性がある。
  • MX-30 R-EVは、通常のSUVに比べて高価でスペース、パワー、使いやすさが劣るため、販売台数は限られる可能性が高い。
  • 一般的な車にとっても、米国の規制に対応することが高額な場合はさらに厳しい。
  • ヨーロッパ向けの生産に集中したい。

記事の最後に『MX-30はMazda3やCX-30と共有する同じプラットフォーム上に構築されているため、おそらくロータリーハイブリッドはそれらのシェルの1つに押し込まれる可能性があります。しかし、それは非常に無理があり、私たちはそれに賭けることさえ考えません。』なんて書かれています。う〜ん、R-HEVなら可能性はありそうですが、それでも、次世代モデルでしょうね…。

タイトルとURLをコピーしました