[雑感]まもなく登場するマツダMX-30 R-EV(PHEV)モデルはこんな感じ?

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

まもなく登場するマツダMX-30 R-EV(PHEV)モデルはこんな感じ?

1月13日にブリュッセルモーターショーでデビューする、マツダMX-30 R-EV(PHEV)モデルは、過去記事などを考慮するとこんな感じでしょうか??

まもなく登場するマツダMX-30 R-EV(PHEV)モデルはこんな感じ?

マツダは、ロータリーエンジンを発電機として使用してMX-30 EVモデルの短い航続距離をおおよそ倍に伸ばそうとしています。すると、200km〜250kmくらいは欲しいところです(航続距離は、国内WLTCは256km、欧州WLTPは200km、米国EPAは160kmです)。

ところで、搭載するロータリーエンジンのスペックはどなるのでしょう? 過去にマツダが公開したモデルや特許の説明図などからすると…

  • 排気量:330cc(1ローター)
  • 燃費:約20km/L

これくらいらしいです。すると、燃料タンクは、すくなくとも10Lくらい必要です。

デミオにロータリーレンジエクステンダーを搭載したテスト車両では、排気量330ccのロータリーエンジンと9Lの燃料タンク、そして発電機の組み合わせで100kgになるそうです。これをそのままMX-30 EVモデルに載せると、トータルで1,750kgにもなります。燃費に影響しそうですね。

燃費や価格面を考慮すると、リチウムイオンバッテリーを少し減らして…のようなことがあるかもしれないですね。あとは、各国の精度に合わせて調整もなされるでしょう。

価格は、EVモデル+50万円くらいで、500万円スタートというところでどうでしょう?(高価〜汗)

e-SKYACTIV Rのエンブレム(バッジ)は、EVモデルのようにフェンダーに付くのでしょうか。う〜ん

 

  • マツダ ロータリーエンジン搭載「REレンジエクステンダー」試作車 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/2)|【徹底検証】2013年新型車種ー試乗レポート【MOTA】
  • マツダMX-30”REX” ロータリーエンジンの予想は330ccで16kW、バッテリー搭載量28.4kWh もうじき出てくる発電用REはどんなクルマ?・後編|Motor-Fan[モーターファン]

     

    REレンジエクステンダーEVの作動などについて
    オーストラリアのメディアが、レンジエクステンダーEV版MX-30について、豪州マツダのディレクターの話をまとめた記事を掲載しています。
    [特許]マツダ、REレンジエクステンダーEVのバッテリー保護構造に関する特許を出願
    マツダは、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーに採用するEVが、車両前方からの衝突した際にバッテリーを保護する構造に関する特許を出願しています。
    マツダ、REレンジエクステンダーEVは航続距離の倍増化が目標
    マツダが、2022年に発売予定のロータリーエンジンを発電機として搭載する電気自動車MX-30は、航続距離を倍増するのが目標とのことです。

    レンジエクステンダーに関する過去記事 » T’s MEDIA

  • コメント

    1. jomon より:

      500CC
      燃費15km/L 
      エンジン走行500km
      電池は半分 EV走行100km
      価格は400万円

      程度と予想します。

    タイトルとURLをコピーしました