マツダMX-30、オートカラーアウォード2021特別賞受賞

マツダMX-30が、一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)による優れたモビリティのカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォード2021」で特別賞を受賞しました。

マツダMX-30、オートカラーアウォード2021特別賞受賞

特別賞受賞の概要

  • テーマ
    MAZDA サステイナブルCMF
  • カラー
    • エクステリア:ソウルレッドクリスタルメタリック(3トーン)
      セラミックメタリック(3トーン)
      ※2つのエクステリアカラーでノミネート
    • インテリア:インダストリアルクラシック

  • 担当デザイナー(デザイン本部プロダクションデザインスタジオ)
    カラー&トリムデザイングループ 松本 あいらさん
    インテリアデザイングループ 原 亮朋さん

授賞理由

禅をテーマにしているが、日本ではなくグローバルな視点から生み出された、非常に先進的なCMFである。閉塞感の強い時代の中、エクステリアカラーは夜明けのイメージで、そのCMFには夜が明けて行くような、闇が開かれていくような新しさが感じられた。また、太陽を思わせるエクステリアと、静かなインテリアとのコンビネーションも美しかった。

メーカーからのメッセージ

「Timeless Japanese Futurism」をコンセプトに、日本の伝統である「禅」とEVという最先端技術を、新鮮な考え方で融合させたことがアピールポイントです。


JAFCA | 一般社団法人日本流行色協会 | Seminer & Event

フォローしませんか?

 

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    もう少し強いアピールポイントがあれば売れると思うのですが、それだけに待ち遠しいロータリーEV!車そのものの出来は大変良いと試乗でも実感してるし、まだまだ売れて良い車だと思います。