マツダ、MX-30 SeDVなどを第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021に出展

マツダは、MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)などの福祉車両を世界の介護・福祉機器を一同に集めた国際展示会「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」に出展します。

マツダ、MX-30 SeDVなどを第48回国際福祉機器展に出展

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、11月10日(水)から12日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される、世界の介護・福祉機器を一同に集めた国際展示会「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」(主催:全国社会福祉協議会、保険福祉広報協会)に、発売予定の手動運転装置付き「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)(SeDV)(エス イー ディーヴィ)」(以下、MX-30 SeDV)など、2台の車両を出品します。

マツダ、MX-30 SeDVなどを第48回国際福祉機器展に出展

MAZDA NEWSROOMマツダ、「国際福祉機器展 H.C.R.2021」にMAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicleを出品|ニュースリリース

「第48回 国際福祉機器展 H.C.R.2021」マツダ出展内容

  1. 「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」(市販予定車)
    リング式アクセル、ハンドブレーキ、乗降用補助シートなどを装備した車両
  2. MAZDA ROADSTER Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」(市販車)
    コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートなどを装備した車両
  3. 「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(SeDV)」Driving simulator(ドライビング シミュレーター)
    Driving simulatorでは、新たに採用した運転システムによる操作感をご体験いただけます。両手でハンドルを握って加速する新しい爽快感を感じて頂けるよう、MX-30のコックピットに4K映像の美しい体験コースをご用意いたしました。実車と合わせてご覧いただくことでより一層商品を知っていただけることと思います。


マツダが、国際福祉機器展に出展するのって久しぶりではないですか?

ところで、「Self-empowerment Driving Vehicle」という言い方とその省略形の「SeDV」って一般的なのですか?「SeDV」ってこのリリースで初めて目にしました。

福祉車両のドライビング シミュレーターとはとても興味深いアプローチだと思います。

マツダMX-30 EVモデルには、下肢障がい者向けの福祉車両(Self-empowerment Driving Vehicle)が今秋以降に追加販売される予定です。