マツダ、ヨーロッパで車両ソフトウェアのリモートアップデートの提供を開始

マツダ、欧州で車両ソフトのリモートアプデの提供開始

マツダは、ヨーロッパでMX-30のマツダコネクトのシステム最適化などを含むソフトウェアのリモートアップデートの提供を開始しています。

マツダ、ヨーロッパで車両ソフトウェアのリモートアップデートの提供を開始

Por primera vez, Mazda ha puesto a disposición de sus clientes una actualización de software que podrá realizarse de forma remota, a través de una red inalámbrica o móvil. Las nuevas funcionalidades que ofrece esta actualización suponen una optimización del sistema de conectividad Mazda Connect del Mazda MX-30 y se encuentran disponibles desde este mes de julio.

Mazda comienza a ofrecer actualizaciones de forma remota en el software de sus vehículos

これまでディーラーで対応していたソフトウェアアップデートをOTAでユーザーができるようになりました。対象となっているのは、2020年5月以降に生産されたMX-30となっています。

このアップデートには、コネクティビティシステムのCMU(コネクティビティマスターユニット)ソフトウェアの最適化が含まれ、マルチメディアシステム、サウンド、ナビゲーション、テレフォニーの機能にまで拡張されています。

このアップデートは、ドイツ、英国、フランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリア、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、アイルランド、ポルトガル、イタリア、スペイン、ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、バルト諸国、クロアチア、スロベニアで利用可能です。

マツダは、2019年8月末からサービスを開始する「コネクティッドサービス」のPVを公開しています。