[リコール]マツダ、MX-30の助手席エアバッグが正常に展開しないおそれ

マツダは、MX-30の助手席エアバッグにおいて、バッグの折り畳み方法が不適切なため正常に展開せず、乗員保護性能が低下するおそれがあるとしてリコールを実施しています。

MX-30のリコールについて

リコール開始日

令和03年04月9日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

助手席エアバッグにおいて、バッグの折り畳み方法が不適切なため、正しく折り畳みできていないものがあります。そのため、衝突時にエアバッグが作動した際にバッグの縫製部が裂けて正常に展開せず、乗員保護性能が低下するおそれがあります。

対象車両

マツダ、MX-30の助手席エアバッグ不具合でリコール

改善措置の内容

全車両、助手席エアバッグを良品に交換します。

その他の情報

  • 不具合件数
  • 事故の有無:無し
  • 発見の動機:取引先からの情報による


MX-30のリコールについて|リコール・サービスキャンペーン等情報