マツダ、MX-30 REXのテスト開始、まもなく詳細判明か?

マツダ、MX-30 REXのテスト開始、まもなく詳細判明か?

オーストラリアメディアによると、MX-30のレンジエクステンダー版のテストが1月から始まったそうです。

MX-30 レンジエクステンダー版のテスト始まる

オーストラリアメディアの記事は、オーストラリアにもレンジエクステンダー版が投入されるだろうというのが主旨です。その中で次のように日本でテストが始まったとしています。どこ情報でしょう?

Prototype versions of the rotary or Wankel engine-equipped MX-30 began testing in Japan in January so expect tech specs and details to emerge soon.

(ロータリーエンジンまたはワンケルエンジンを搭載したMX-30のプロトタイプバージョンは、1月に日本でテストを開始したため、技術仕様と詳細がまもなく発表される予定です。)

Mazda rotary engine set to return to Oz – motoring.com.au

2022年前半に投入されるロータリーマルチ電動化技術ですから…(マツダの呼び方は不明ですが)生産試作くらいのフェーズなのかな?

ロータリーマルチ電動化技術を採用したMX-30国内が国内で発売される場合、バッテリー容量はどのくらいになるのでしょう? e-Power軍団(シリーズハイブリッド)のバッテリー容量は、1.5kWh〜1.8kWhくらいで、燃費は21.6km/L〜29.5km/Lくらいです。

対するMX-30は、価格、燃費をどのあたりに設定するのか、複数の電動化技術を併売するのかなど詳細を早く知りたいです。

マツダMX-30オンライン発表会でのプレゼンテーションでマツダ丸本社長が、ロータリーエンジンを発電機として使用する車を2022年前半から導入すると明言しました。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    今回の様に、ロータリーREXの情報がぼちぼち出てくるようになると、発売が近づいてくるのを実感します。レンジエクステンダーでもロータリーが生産される事を思うと、ようやくマツダらしさが帰ってくるのかなと大きな期待をしてやまない今日この頃です。