マツダ、MX-30にブリジストン「TURANZA T005A」を新車装着

マツダ、MX-30に「TURANZA T005A」を新車装着

マツダは、新世代コンパクトSUV「MX-30」にブリジストンの「TURANZA T005A」を新車装着タイヤに指定しています。

マツダMX-30の新車装着タイヤは「TURANZA T005A」

ニュースリリースの配信元はブリジストンなのですが、マツダが主語の方が何かと伝わりやすいのでこうしています(笑)。

株式会社ブリヂストンは、マツダ株式会社が10月8日に発表した新型コンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」のマイルドハイブリッドモデルの新車装着タイヤとして、「TURANZA T005A」を納入します。

中略

「TURANZA T005A」は新トレッドゴムを採用し転がり抵抗の低減を図るだけでなく、操縦安定性能とドライ性能を高次元で両立させることで、「MAZDA MX-30」マイルドハイブリッドモデルの低燃費性能、操縦安定性、乗り心地に貢献しています。

「TURANZA」がマツダの「MAZDA MX-30」に新車装着 | ニュースリリース | 株式会社ブリヂストン


Mazda3の新車装着タイヤ占いでは、ブリジストンが当たりのような書かれているのを見たことがありますが、性能自体はどれもマツダが定める基準内のはずだから…ブランドの好みは仕方ないけど(自分はダンロップ党)。

新型Mazda3の発売に合わせて、部品メーカーがタイヤや部品の採用をニュースリリースで配信しています。