マツダ、今秋発売するMX-30のプレサイトをオープン

マツダは、今秋発売するMX-30のプレイサイトを公開し、写真を豊富に掲載してMX-30の魅力をお伝えています。

MX-30プレサイト

英国マツダのMX-30を紹介しているページでも左ハンドル車ばかりなのに、さすがに日本向けは右ハンドル車ばかりですね(笑)。

マツダ、今秋発売するMX-30のプレサイトをオープン

MX-30のキーフレーズを振り返ってみます。

Mindfully designed with a purpose: Your life
– 自然体 –

気軽に毎日乗りたいと思える。乗るほどに、クルマに愛着が湧き、乗るほどに、ありのままの自分でいられる。そんなパートナーのような存在でありたいという願いから、このクルマは誕生しました。
LIVING TRUE TO YOURSELF
– わたしらしく生きる –

「やさしく、心地よいものに囲まれた暮らし。わたしが持っているものさしで自分の生活に合ったモノやコトを選び、明るく前向きに過ごす生き方。して無理をせず、わたしらしく人や地球、社会の課題に取り組む知恵と工夫。そしてまわりの人、世界中の人たちと創造する楽しい時間。MX-30はそんなお客様に、わたしらしく自然体でいられる創造的な時間と空間を贈ります。」
INTERIOR FOR PEOPLE & ENVIRONMENT
– 人と環境を考えたインテリア –

インテリアは、開放感に包まれるような感覚を大切にしました。フローティングテーマによる解放的空間構成で統一感を持たせ、ヘリテージコルクをはじめとする環境にも配慮した素材や造り込みによる心地よさにもこだわっています。そしてフリースタイルドアを開けることで広がる空間が、さらなる開放感を演出し、乗る人の感性を刺激します。
KODO DESIGN

人とクルマの関係が、時代の変化と共に変わりゆく現代。クルマと過ごす日々の楽しさを、
MX-30を通して表現するべく、「Human Modern」のコンセプトを掲げました。これまでと変わらぬ人の手が生み出す美しい形とこだわりの造り込みを基礎としながら、新たなライフスタイルに寄り添った表現の方向性を模索しました。今までにない表現のアプローチにより「魂動」の拡がりを体現した、独自のデザインを完成させました。
PEACE OF MIND
– 安心感 –

安全への要求は日々高まっています。MX-30は、先進安全技術i-ACTIVSENSEをさらに強化し、
被害軽減ブレーキ技術スマート・ブレーキ・サポート(SBS)に新たな安心機能を追加したほか、白線が引かれていない道路での逸脱回避をアシスト(縁石などの検知)する新技術を導入しました。また、センターピラーレスのフリースタイルドアを採用しながらも、高強度かつ効率的なエネルギー吸収構造により、高い衝突安全性能を実現。さらに高電圧バッテリーには綿密な保護構造を取り入れるなど、誰もが安心して思いのままにMX-30を楽しめるよう、最新の開発思想と技術を注ぎ込んでいます。


プレサイトのテキストは、ほぼ東京モーターショー2019向けと同じ内容ですね。


MAZDA MX-30 今秋発売|コンパクトSUV|マツダ

マツダは、同社初の量産EVを東京モーターショー2019で発表しました。主要の市場となる欧州では予約が始まっています。
 

フォローしませんか?