マツダ、MX-30を今秋国内発売、M HYBRID仕様もラインナップ

マツダ、MX-30を今秋発売、M HYBRID仕様もラインナップ

マツダは、同社初の量産EVであるMX-30を今秋国内発売すると案内しています。マイルドハイブリッドモデルもラインナップされます。

マツダMX-30を今秋国内導入

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの新世代商品群の第3弾であるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を、日本国内に今秋導入いたします。

MAZDA NEWSROOMマツダ、「MAZDA MX-30」を今秋国内に導入|ニュースリリース

国内発売を告知するのみで、詳しいスペックや価格などは未発表です。

ガソリンエンジンモデルはM HYBRID仕様

このたび新たにラインアップに追加するマイルドハイブリッドモデルは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」にもとづき、地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略の一環として、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID (エム ハイブリッド)」を組み合わせた「e-SKYACTIV G (イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載します。これにより、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現しています。

既報通りSKYACTIV-G 2.0ガソリンエンジンを搭載するモデルがラインナップされますが、マツダ独自のマイルドハイブリッド「M HYBRID」仕様になります。

そして、今回から(?)マイルドハイブリッド(M HYBRID)仕様車は、電動化車両として「e-SKYACTIV」なんちゃらと呼ぶことになるようです。SKY-G+マイルドハイブリッド仕様モデルは、「e-SKYACTIV G」となります。

成都モーターショー2020で発表された中国向けSKY-X搭載車は、「e-SKYACTIV X」のバッジを付けています。

日本、中国、ヨーロッパ、アメリカの商標登録には「e-SKYACTIV」なんちゃらは見当たりませんでした。

EVモデルはリース販売

リリーには、短く「EVモデルは、今年度中にリース販売を開始する予定です。」とあります。driver@webによれば、販売店での対応など準備の時間が必要なので、現時点では一般販売ではなく、リース販売になるとのことです。

より電気自動車ぽいモデルの本命は、レンジエクステンダー搭載モデルになりそうです(?)。

海外仕様MX-30の主なスペック

マツダMX-30(海外仕様)の主なスペック
ボディタイプSUV
乗員数5
全長x全幅x全高4,395x1,795x1,570 mm
ホイールベース2,655 mm
パワートレインe-SKYACTIV
フロントサスペンションマクファーソンストラット
リアサスペンショントーションビーム
ステアリングラック&ピニオンステアリング
ブレーキ(フロント/リア)ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ215/55R18
駆動バッテリーリチウムイオン電池
総電圧355V
総電力(バッテリー容量)35.5kWh
モーターAC同期モーター
冷却システム水冷
DC充電COMBO仕様
AC充電(AC)最大6.6 kW

航続距離は、WLTPサイクルで約200km(市街地は約260km)。


マツダ、赤い「MX-30」e-SKYACTIV G搭載モデルを「AUTOMOBILE COUNCIL 2020」で公開 – Car Watch

 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    おっしゃるように、国内市場での本命は、違う形でのロータリー復帰に花を添えるように、レンジエクステンダーになると思われます。それにしても、燃料タンクの容量規制は、どうにかならないものか!タンク容量を大きく出来れば、満タンで1000km走行も可能になるのに‼︎

  2. jomon より:

    普通のSKY2.0G+24VのMHVでは、何をやりたいのか意味不明になりそうですね、、

    パワーを落として、気筒休止の燃費スペシャルエンジン+48VのMHVなどを期待してしまいます。