マツダ、同社初の量産EV「MX-30」の生産を開始!

マツダ、同社初の量産EV「MX-30」の生産を開始!

欧州マツダによると、マツダ初の量産電気自動車であるMX-30の生産を始めたとのこと。ヨーロッパでは2020年秋に発売されます。

マツダMX-30、生産開始

On the 19th May 2020, Mazda began production of the all-new Mazda MX-30, the company’s first all-electric vehicle, at Ujina plant No. 1 in Hiroshima, Japan. A stylish and versatile SUV, the MX-30 has been created in response to the increasingly high demand for Electric Vehicles (EVs) amongst the environmentally conscientious in Europe.

2020年5月19日、マツダは広島、日本で宇品工場の第1号では、すべての新しいマツダMX-30、同社初のオール電気自動車の生産を開始しました。スタイリッシュで用途の広いSUVであるMX-30は、ヨーロッパの環境に配慮した人々の間で電気自動車(EV)のますます高まる需要に応えて作成されました。

Mazda starts production of its first EV, the Mazda MX-30

ヨーロッパ各国では、それぞれの国に合わせたグレード構成で注文が可能です。

マツダイタリアのニュースリリースによると、イタリアではMX-30のデリバリーは2020年8月に始まるようです。

MX-30の主なスペック

マツダMX-30の主なスペック
ボディタイプSUV
乗員数5
全長x全幅x全高4,395x1,795x1,570 mm
ホイールベース2,655 mm
パワートレインe-SKYACTIV
フロントサスペンションマクファーソンストラット
リアサスペンショントーションビーム
ステアリングラック&ピニオンステアリング
ブレーキ(フロント/リア)ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ215/55R18
駆動バッテリーリチウムイオン電池
総電圧355V
総電力(バッテリー容量)35.5kWh
モーターAC同期モーター
冷却システム水冷
DC充電COMBO仕様
AC充電(AC)最大6.6 kW

航続距離は、WLTPサイクルで約200km。

日本では、2020年(年度?)中に発売になりそうです。

マツダは、同社初の量産EVであるMX-30を2020年度中に国内で発売する方針であると中国新聞が報じています。

搭載するバッテリー容量が小さめということもあり、航続距離を倍近くに伸ばすことが出来る発電機(レンジエクステンダー)を搭載したモデルが近いうちに発売されることも注目です。

マツダMX-30の開発主査である竹内氏がポーランドメディアのインタビューにいろいろ答える中で、レンジエクステンダー版についてもふれています。
 

フォローしませんか?