国内テストが進むマツダMX-30、カモフラージュ無しで走行

国内テストが進むマツダMX-30、カモフラージュ無しで走行

マツダ初の量産電気自動車MX-30のテスト車両が、広島市で目撃されています。どのケースも車両にカモフラージュがありません。

マツダMX-30は2020年度中にも発売

電気自動車の主戦場の一つであるヨーロッパ市場では、すでにMX-30ファーストエディションなどのお買い得版が発売され、今年秋頃の発売を待っているという状況です。

そして、日本国内では、MX-30を2020年度(もしくは、2020年)中に発売する方針だと伝えられています。

マツダは、同社初の量産EVであるMX-30を2020年度中に国内で発売する方針であると中国新聞が報じています。

広島市でMX-30のテスト車両が目撃される

さすがにお膝元だけあって、MX-30のテスト車両が目撃されています。なぜかカモフラージュが無いすっぴんのまま走行しています。仮ナンバーが無ければ、気付かれないかもしれません(?)。ただし、国内で走っているとは言え、左ハンドル仕様です。

国内仕様でもないテスト車両で、カモフラージュも無しで、市内を走行して何を確認しているのでしょうね?

ピュアEVも楽しみですが、レンジエクステンダー搭載モデルが順調に発売されることを願っています。どうしても、こちらが本命でしょうから。

 

フォローしませんか?