マツダMX-30 ロータリーレンジエクステンダー

マツダMX-30 ロータリーレンジエクステンダー

英国マツダは、ニュースリリースの中でMX-30にロータリーエンジンを搭載する可能性について触れています。

マツダMX-30 ロータリーレンジエクステンダー

Later, the company developed a prototype Mazda2 EV with a small single-rotor engine used as a range extender. A similar system could find its way onto the Mazda MX-30, a brand new battery electric crossover SUV arriving at dealerships this year.

(その後、同社はレンジエクステンダーとして使用される小型シングルローターエンジンを搭載したプロトタイプのMazda2 EVを開発しました。同様のシステムが、マツダMX-30にも採用される可能性があります。マツダMX-30は、今年のディーラーに届く真新しいバッテリー電気クロスオーバーSUVです。)

100 years of Mazda | The Mazda RX-7

マツダが、「ロータリーエンジンを発電用として電気自動車に搭載する」と言う話は特に新しい話ではないですが、100周年に関するニュースリリースの中とはいえ、こうして文字としてロータリーレンジエクステンダーに触れると言うのは、今後の展開を考えても心強いものを感じます。

また、先日紹介した動画「Mazda is 100: The development of the Rotary engine」の最後にもしっかりと「MAZDA MX-30 WITH ROTARY RANGE EXTENDER」と言う文字が登場しています(トップに使っている画像が、そのキャプチャーです)。

メディアの中には、2021年にもREレンジエクステンダーを搭載したMX-30が登場するかもと書いています。2020年後半に日本仕様が発表される頃には、このあたりの詳細が分かるかもしれません。

マツダ丸本社長は、年頭の記者会見でMX-30の日本投入時期を明らかにしましたが、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーとする電気自動車の投入時期は明言しませんでした。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ロータリーレンジエクステンダー、今年後半あたりになると、この言葉を始めEV、6気筒FR、スカイXセカンドゼネレーション、熱効率、スカイDセカンドゼネレーション、それにスカイRの話題も出てくるのではないでしょうか?1.5LスカイGが登場するCXー3、mazda2あたりはどーも雰囲気として、あと2〜3年はモデルチェンジは無いと見ています。その間に出る新型車は、MXー30とCXー40(CXー30をベースとする3列シート車)くらいか?よって3年後には怒濤の新型車ラッシュになるのかもしれません!