マツダ第7世代スモール商品群の後方視界比較

コンフィギュレーターを見ていてリアウィンドウの大きさが気になりました。そこで、MX-30とCX-30、Mazda3の窓の大きさを比較してみます。

マツダMX-30、CX-30、Mazda3の後方視界を比較

コンフィギュレーターの画像をただ並べただけです。Mazda3で話題になった後方視界をMX-30で確認しようかなと思ったら、思ったよりも大きくありませんでした。

上からMX-30、CX-30、Mazda3の順です。コンフィギュレーターの画像なので、センターコンソールあたりからの見た目大きさを比較になります。

マツダ第7世代スモール商品群の後方視界比較

マツダ第7世代スモール商品群の後方視界比較


狭い(小さい)とは分かっていても、Mazda3のリアウィンドウの大きさ(小ささ)には苦笑してしまいます。左右のヘッドレストの間にしか窓がないように見えるとは…。

CX-30は、Mazda3に対して上下に大きくなったように見えますが、中央のヘッドレストで隠れる部分も多くなっています。

MX-30は、CX-30に対して左右に広くなっているように見えます。そこで、リアウィンドウだけを切り抜いて重ねて合わせてみました。あくまで見た目の大きさ比較です。

マツダ第7世代スモール商品群の後方視界比較
コンフィギュレーターの画像を元にした見た目の比較では、こんな感じでした。総じて狭い(小さい)です。

そして、クォーターウインドウの有無でずいぶんと見え方が違ってきますね。MX-30のリアは太いCピラーのせいで暗めですけど、リアウィンドウがこの中では大きめなのが救いです。斜め後方視界は、Mazda3の次に悪そうです。

おまけで、お尻比較を載せておきます。


Konfigurator samochodu | Mazda PL

新型Mazda3の後方視界をチェックしている記事が、Jalopnikに掲載されています。
 

フォローしませんか?