マツダMX-30に3つ目の内装色「黒x灰」もあり

ヨーロッパ各国で標準仕様が発表になっているマツダMX-30に3つ目の内装色が設定されました。

マツダMX-30に3つ目の内装色

マツダMX-30には、これまでライトグレーのファブリックシートと白い人工皮革を組み合わせた「MODERN(CONFIDENCE)」とダークブラウンの人工皮革と黒いデニムシートを組み合わせた「INDUSTRIAL(VINTAGE)」の2つの存在が明らかになっていました。

MODERN(CONFIDENCE)

マツダMX-30に3つ目の内装色「黒x灰」もあり

INDUSTRIAL(VINTAGE)

マツダMX-30に3つ目の内装色「黒x灰」もあり

標準仕様を発表したマツダスウェーデンのコンフィギュレーターには、第3の内装色が設定されていました。

3つ目の内装色

この内装色は、マツダスウェーデンがMX-30のエントリーグレード「SKY」のみに設定しています。黒い布地とリサイクルペットボトルから作ったライトグレーのファブリックで作られています。人工皮革が布地に替わったかっこうです。


各国最適化で新しいことが次々に判明するので、国内仕様がどうなるのかよく分からなくなってきます。国内最適化ではどのような仕様になるのか楽しみです。

マツダMX-30のもう一つの内装色「インダストリアル」の写真が公開されたので、内外装色を合わせておさらいしておきます。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    私は、初代デミオのマイナー後の1.5Lマニュアル車に乗っていましたが、内装は明るいグレーで飽きのこない落ち着いた雰囲気のもので、シートも優しい生地で座りごこちはとても良かったです。そんな明るいグレーの内装が現行車には無く、スポーティさを出す為にブラックをメインにしていますが、グレーカラーも再検討して欲しいです。mazda3の赤の内装も気に入っているので、次期mazda2あたりも内装色に採用して欲しいです!