伊マツダ、MX-30の標準となる3つのグレードを発表

伊マツダ、MX-30の標準となる3つのグレードを発表

マツダイタリアは、マツダ初の電気自動車MX-30の標準となる3つのグレードを発表しています。ローンチエディションは4月末までの発売です。

イタリアのMX-30は3つのグレード構成

他の国でもMX-30のファーストエディション(ローンチエディション)に繋がる標準(通常)のグレードが発表になっています。イタリアは3つのグレードでMX-30を販売します。これは、日本でのこれまでの販売方法に通じるものがあると思います。

Executive・Exceed・Exclusive

グレード名は、Executive、Exceed、Exclusiveの3つ「E」で始まります。どれも高級感があります(笑)。

価格は、 34,900ユーロから39,350ユーロまでです。

下表は、マツダイタリアが公表した装備一覧です。けっこう細かい装備でグレードの「差」を作っています。サンルーフが選べるのは、最上位グレードのみです(この辺も日本に通じるものを感じます(笑))。

それぞれのグレードの装備は次のとおりです(機械翻訳のままです)。グレードで安全装備に差をつけるのはどうかと思いますが…。

Executive

エントリーグレードなので、装備は簡素です。

  • 18インチアルミホイール
  • デュアルゾーン自動空調
  • フロントおよびリアパーキングセンサー
  • リアビューカメラ
  • 8.8のインフォテインメントシステム
  • CarplayとAndroid Auto対応など
Exceed

中間グレードはお得感あり?

  • ヘッドランプワッシャー付きLEDマトリックスオプティカルグループ
  • 暗いリアウィンドウ
  • 中央に直立した光沢のある黒の屋根
  • サテンの「上部フレーム」
  • フォトクロミック外部ミラー(加熱され、電気的に折り畳み可能)
  • 電動調節可能な運転席とモダンコンフィデンスイミテーションレザーの室内装飾品
  • ヴィンテージブラック/ブラウン、コルクの内装仕上げ
  • デフロスター付きフロントガラス
  • フレームレスリアビューミラー
  • スマートキー
  • ステアリングホイールも豊富です
  • シートヒーター
Exclusive

最上位グレードちょっと贅沢。

  • 電気的に開くサンルーフ
  • Bose12スピーカーオーディオシステムとデジタルアンプ
  • カメラでドライバーを監視するなどの追加のドライバー支援システム
  • Cruise&トラフィックサポート
  • フロントクロストラフィックアラートモニタリングシステム
  • 歩行者検知機能を備えたリア緊急ブレーキ

イタリアでのMX-30の発売は、2020年9月からを予定しています。


Mazda presenta la gamma e i prezzi della MX-30

 

フォローしませんか?