オランダではマツダMX-30を2020年に1,400台投入

オランダではマツダMX-30を2020年に1400台投入

オランダのメディアでマツダMX-30についてまとめている記事がありました。その中にいくつか興味深い点がありました。

オランダではマツダMX-30を2020年9月に発売

記事は、Q&Aの形で書かれています。

Q:Mazda MX-30はいつ発売されますか?
A:マツダMX-30は2020年9月に発売されます。それからディーラーにもあります。ちなみに、このモデルは「Mazda MX-30 e-Skyactiv 141 automaat」と呼ばれています。

Q:オランダは2020年に何部を受け取りますか?
A:オランダは、2020年に合計1,400枚のMX-30を受け取ります。低追加のバッテリー式電気自動車での走行のため、マツダは注文するまであまり待たないでください。

Q:MX-30の重量はどれくらいですか?
A:マツダMX-30の重量は、マツダCX-30よりも約270〜300キログラム多くなっています。ロードウェイ、MX-30の重量は1,760kgです。


イタリアではマツダMX-30を8月に発売するそうですから来年の秋口に相次いで発売されるようです。

車重総重量が1,760kgだとすると、だいたCX-8 25S Lパケと同じくらいです。そして、バッテリーの小さい方(40kWh)の日産リーフと同じだったりします(バッテリーの大き方(62kWh)の日産リーフはさらに約180kg重くなります)。

ところで、2020年に1,400台が発売になるとすると、約4ヶ月間で1か月あたり350台になります。オランダでのマツダの販売規模は、こちらのページによると2019年1月から10月で8,252台ですから、月平均825台です。すると350台は約42%にあたります…ずいぶんたくさん売れる計画のように見えますが…この解釈で合っているのかな?

マツダが、罰金を払わなくて済むくらいにCO2排出量を下げるためにはMX-30を何台売れば良いのでしょうね。


Antwoorden op vragen over de Mazda MX-30 – ZERauto.nl

 

フォローしませんか?