Mazda3(BPEP)納車後245日目、オイル交換はまめにしよう

前回のオイル交換から7000km以上走行しての交換になったので少し引っ張りすぎました。交換後の滑らかさを味わうとオイル交換はまめにするべきだと再認識しました。

オイル交換はまめにしよう

マニュアルの通りでは乗り心地を保てないよね

マニュアルではオイル交換のタイミングについては…。

「15,000kmまたは1年ごとのどちらか早い方」で交換とあります。シビアコンディションになると「7,500kmまたは6か月ごと」です。また、「寒冷地では、エンジンオイルが劣化しやすいので、早めにオイルを交換してください。」とも書いてあります。



シビアコンディションとは、下記例のどれか一つでも当てはまる場合とあります。

  1. 走行距離が多い(年間2万km以上)
  2. 短距離走行の繰り返し(8km以内/1回)
  3. 低速走行やアイドリング状態が多い
  4. 山道、登降坂路の頻繁な走行
  5. 悪路の頻繁な走行

私には、どれも当てはまりませんね。「寒冷地」であることは言わずもがなです。

5月にオイル交換を行った際は、冬を過ごしたオイルなので5,000kmを目安にと思っていました。ただ、春夏を過ごしたのだから少し距離を長めに走っても良いのかな?と思い2回目の交換はここまで引っ張ってみました。マニュアルにはシビアコンディションでも7,500kmとあるのも理由の一つになっています。

ところが!オイル交換後の車に乗ると、当たり前ですが、静か〜に・なめらか〜に走ります。まるで風を動力にして走っているかのように実に心地よく走ります。思い出しました、この感覚です!

と言うことで、これからは、まめにオイル交換をして、この走りの感覚が続くようにしようと思ったしだいです。

パックdeメンテも万能ではない

メンテナンス費用を前払いして、お安く確実に点検・交換できる「パックdeメンテ」ですけど、距離をたくさん走る場合は、これだけでは賄い切れなくなります。

よく内容を読まなかった私が悪いのですが、オイル交換は年2回までパックdeメンテを使えると思っていました。でも、実は、6か月点検と12か月点検の際に行うオイル交換が対象とのことでした。

今回のようなタイミング=(オイル交換実施済み)6か月点検の後、12か月点検の前では、実費になるんですね…。もっとガンガン走るなら、自前でオイルを買った方が安上がりになるかもしれないですが、自分の場合は、今後、多くても年に3回くらいなのでなんとも微妙です。