たくさん走るとその分メンテナンスも大変になる

自分史上最速で10,000kmを走ってしまって、消耗品や定期交換部品などの寿命もそれだけ早くやってきます。そう言えば、最近、エアコンから臭いがするようになりました。

エアコン用フィルターの交換は1年または10,000kmから15,000km毎

エアコン用フィルターは、定期交換部品な上、簡単に交換できる物なので気がついた時に購入しておこうと、7月くらいに物色していました。その時は、いわゆる互換商品がほとんど無く、デンソー製もネットで購入しづらい感じでした。

KE系やBM系では、互換商品がそこそこあり、2,000円もしないものから、純正オプションの高額品まで選べていたので、その差には驚くとともにがっかりしていました。

さて、そんな状況でたどり着いたのが、PMC製のPC-412Cというエアコン用フィルターです。今のとこ、Mazda3、CX-30、MX-30に適用しているようです。
たくさん走るとその分メンテナンスも大変になる
実際の性能は、未使用なので分かりませんが、謳い文句としては、デンソー製と肩を並べていると思います。

価格は、自分が購入した楽天市場のショップでは、2,975円+送料500円でした。送料はポイントで相殺できたので、実質2,975円でした。

アマゾンでは、3,305円なので、デンソー製のDCC4010を3,000円で買ったほうが良さそうです。


近いうちにオイル交換もしなくてはいけませんね。パックdeメンテを利用しているとは言え、12か月点検より4か月も早いので、さて、どうしようかな。


マツダ|エアコンフィルター|メンテナンスパーツ