Mazda3(BPEP SPIRIT 1.1)でドライブ 4,000km到達

Mazda3(BPEP SPIRIT 1.1)でドライブ 4,000km到達

実質的にゴールデンウィークに突入したので、気ままにドライブしてました。途中、少しショックな出来事もありましたが、穏やかな休日となりました。

Mazda3(BPEP SPIRIT 1.1)でドライブ 4,000km到達

せっかくの週末なのに高速道路は、休日割引が適用にならないし…人混みを避ける…と言っても、ドライブだから、ほぼ誰とも接触しない(コンビでの買い出し、用足しを除く)ですが、ただ、ただ、走り回っていました。それでも、今日は、5時間近く走って225kmくらいでした。

人馴れしてしまっているキタキツネ

あえて写真を撮らなかったのですが、国道452号線を夕張から三笠方面へ走っている時にキタキツネに遭遇しました。続けざまに三匹とです。

最初のキツネは、反対車線の外側にいたので近寄ってこないようにクラクションを鳴らしたら、逆に近づいてきました。どうやら、クラクションを合図に餌をもらって経験があるようです。

その次のキツネは、反対車線に丸くなって座っていました。これは、危ない!と思って、徐行しながらクラクションを鳴らすと、あら、また、寄ってきます。この「丸くなって座る」のは、人を寄せ付けるための「技」ではないかと思いました。そこから去ろうとすると、隣の車線に移動して、また、丸くなって座っていましたから…でも、これは、本当に危ない。キツネも車もです。

最後のキツネは、停車したバイクとライダーのそばにいました。なんと、自分が走行している車線の真ん中です(をいをい)。またまたまた、クラクションを鳴らすと、あぁ、やっぱり近づいてきます。そして、物欲しそうな顔をするんですよ。近くの駐車帯に車を移動して停めると、近寄ってきます。もう、すっかり人馴れして、こういう行動をすると餌をもらえると知ってしまっているのでしょうね。

同じルートを何度も走っていますが、こうしたキツネを見たは今回が初めてです。生きる知恵とも言えますが、道路上で接触していると事故を誘発しかねないのでとても危険です。キツネにも悪影響です。

野生動物の餌付けについての問題をまとめている記事がありましたので、貼っておきます。

ソメイヨシノの並木で有名な戸田記念墓地公園

本当の見頃に、ここに来ると、ずらーーーーーーーーっと車が列を作っているので、近づかないようにして、開花時期を外して見に来るのですが、流石にまだまだ早かったです。ゴールデンウィークが終わった後に見頃になりそうです。蕾は色づき始めていました。


3,000kmに到達してから3週間で1,000kmを走行…このペースだと年間で16,000kmになる計算ですが、冬は2か月で1,000kmくらいなので、それでも14,000km近くになる計算です。週末ドライブだけなので、まずまずかな。

「X」は、ちょいちょい変な癖が出てきますが、総じて滑らかにキビキビ走れるので、疲れることもなく長距離をドライブできます。直近の改良で燃費(環境性能)が向上していますので、コストの面でも満足できる車になっていると思います。

写真にあるように、アイドリングストップが無くても、交通ルールさえ守った運転をすれば、簡単にスペック以上の燃費になります。