新型Mazda3(BPEP SPIRIT 1.1)納車待ち生活スタート

マツダ新型Mazda3 X Burgundy Selection AWD(6AT)を注文しました。これから長い納車待ちの生活が始まります。

新型Mazda3 X Burgundy-Sel AWDを注文

現状、世界で唯一のHCCI技術を採用した市販エンジンである「SKYACTIV-X」を搭載した車に乗らずにはいられません。そして、アクの強いデザインなのにとても魅力的に見えてしまった「魁コンセプト」を公道で操るには、Mazda3です!

競合の検討

ここで、アクセラを検討したときの条件を振り返ってみると、

  • デザインが優れている -> ○
  • 楽に、楽しく運転できる -> ○
  • CX-5 XD AWDと燃費に大差が無い -> X
  • しっかりした四輪駆動システム -> ○
  • サンルーフあり -> ○

細かい事は、現車が来てからにしましょうか。ただ、燃費がディーゼルを下回る上にハイオク推奨という点については、SPCCI(HCCI)技術ありきの乗り換えなので、そこには目を瞑ります。

サンルーフを条件にしていると自ずと選択肢が狭くなり、車種もグレードも決まってくるのである意味楽ではあります…。

ただ、MX-30レンジエクステンダー版にAWDやサンルーフがあって、来年1月に納車可能だったら悩んだかもしれませんが…。

グレードの選択

CX-5にもレッドのインパネガーニッシュを装着したくらいなので、内装色のバーガンディは大好物です…しかも、黒内装ではないですか!! Mazda3の運転席に座ると実に落ち着くんですよ!

サンルーフと赤いアクセントカラーでもう決まりました。「X Burgundy Selection AWD(6AT)」です。それにしても、(BとCセグメントで)サンルーフを設定している車が少なすぎる。

ディーラ(ショップ)オプションは、ギリギリまで考えます。せめてこれは最初から付いていて欲しいと思えるものだけにするつもりです。きっと、アクセラの時と同じようになると思います。

商品改良を待ちました

この場でも、待てる時はフルモデルチェンジ直後は避けたほうが良いと何度か書いていますし、マイナーチェンジ(商品改良)で痛い目にあっているので、しっかり待ちました。そして、SKY-Dのリコールを思い起こすと…こう言っては失礼かもしれませんが、SKY-Xには問題らしい問題が起こらずにここまで来ているので、「この先も無問題でいけるんじゃね?」と期待できます。この評価ができるまでの待ち時間であったとも思います。

何よりも商品改良が期待していた方向で実施されたのはラッキーでした。ただ、ディミングターンシグナルがMazda3に採用されたかだけは確認できていません。採用されていますように!


さて、今回は何日待つことになるでしょう。今のところ納車想定日は2021年2月下旬です(はぁ)。

アクセラ スポーツ 22XD Lpkg AWD(BM2AS)を注文してきました。


MAZDA3|5ドアスポーツ・ハッチバック(ファストバック) / 4ドアセダン|マツダ

 

フォローしませんか?

コメント

  1. Zeckey より:

    はじめまして、いつもブログを拝見させて頂いています。
    ご成約おめでとうございます!!納車まで長いですが、楽しみですね。
    MAZDA3の感想を楽しみにしています!

  2. 筋肉おはげ より:

     はじめまして。
     契約おめでとうございます!
     いつも楽しく拝見してます。
     私は、前車の車検などの都合もあり、1.5Gの試乗のみで、現車を確認せずに2.0Gを契約しました。
     給油口は変形以外に全く不都合は無く、毎日楽しく乗っていますが、後日のAWD追加だけはちょっと残念でした。
     納車後のインプレッション楽しみにしてます。