[サービスキャンペーン]マツダ、Mazda3の商品改良に伴う制御プログラムの変更が不適切

この記事は約2分で読めます。
Ads by Google

マツダ、Mazda3の商品改良に伴う制御プログラムの変更が不適切

マツダは、Mazda3の商品改良に伴う制御プログラムの変更が不適切なため、アイドリングストップが継続せず、エンジンが再始動するとしてサービスキャンペーンを実施しています。

マツダ、Mazda3の商品改良に伴う制御プログラムの変更が不適切

対象となるユーザーには、販売店から、ダイレクトメール等で案内がありますので、最寄りのディーラーと相談して、修理(無料)を受けましょう。対象車両については、「リコール情報検索」から車台番号を入力して確認できます。

MAZDA3のサービスキャンペーンについて

サービスキャンペーン開始日

令和05年07月28日

不具合の内容

エンジン制御コンピュータにおいて、商品改良に伴う制御プログラムの変更が不適切なため、減速時の低速走行時にアイドリングストップが作動した状態で、車両が停車した際にアイドリングストップが継続せず、エンジンが再始動します。

対象車両

改善の内容

全車両、エンジン制御コンピュータのプログラムを商品改良前のプログラムに修正します。

 
MAZDA3のサービスキャンペーンについて|リコール・サービスキャンペーン等情報

 
プログラム不良が多いですね…。

Mazda3、つながる機能や安全性を強化する改良を実施
マツダは、Mazda3に安全性と利便性・快適性を向上させる商品改良を実施して6月下旬に発売する予定です。
タイトルとURLをコピーしました