Mazda3、2023年3月のグローバル販売台数は15,508台

この記事は約3分で読めます。
Ads by Google

Mazda3、2023年2月のグローバル販売台数は15,508台

マツダが、2023年4月27日に発表した「マツダ、2023年3月および2022年4月~2023年3月の生産・販売状況について」によると、2023年3月のMazda3グローバル販売台数は15,508台でした。

2023年3月のMazda3グローバル販売台数について

BP系Mazda3のグローバル販売台数の定点観測(?)です。

Mazda3、2023年3月のグローバル販売台数は15,508台

国内販売とグローバル販売

  • 国内販売台数:1,754台(前年同月比38.5%
  • グローバル販売台数:15,508台(同18.2%
    中国、米国、欧州などの減により、前年同期実績を下回る。

さて、国内外でMazda3の商品改良が発表され、順次、新商品が発売になります。6月以降の話なので数字として把握できるのは、7月末か8月末頃ですね。

センターディスプレイを大型化したり、安全性も向上したりと訴求力がアップしているので、売上もアップして欲しいです。サンルーフが無くなったことは、売上には影響ないのでしょうね…。

Mazda3、2022年4月~2023年3月のグローバル販売台数は155,157台

年度末ということで、2022年度のまとめが発表されています。Mazda3はの2022年度の販売台数は、前年同期比32.6%となる155,157台でした。ちなみに、CX-30は、同18.3%となる173,636台を売り上げています。これくらい販売台数が近かったら、いきなりMazda3がディスコンになることはないでしょう(汗)。

解説

中国新聞の引用です。

世界販売は5年連続のマイナスとなった。日本は16万4511台と10・8%増加。約1万7千台のCX―60の純増などが寄与した。他の市場は、半導体不足に伴う供給減などで米国が9・3%、欧州が15・6%、中国が50・4%それぞれダウンした。

3月単月は、国内生産が8万5466台で36・1%増え、2カ月連続のプラスだった。CX―5やマツダ3が堅調という。世界販売は12万5779台で2・9%増。CX―30などが好調で3カ月ぶりにプラスに転じた。

マツダの国内生産4年ぶり増加 2022年度 中国・欧州で販売不振 | 中国新聞デジタル

新型コロナウイルスの影響が薄らいできて、本調子が出てきている上に、ラージ商品群がさらなる上乗せになっているということのようです。大きくダウンしている中国は、CX-50とCX-90で持ち直すでしょうから、順調に売上を伸ばして…本流では無い車種へもリソースを割けるようになると良いですね!

 
MAZDA NEWSROOMマツダ、2023年3月および2022年4月~2023年3月の生産・販売状況について|ニュースリリース

タイトルとURLをコピーしました