マツダ、Mazda3とCX-30に「e-SKYACTIV G 2.0」を搭載するなどの商品改良を実施

CX-30,マツダ3

マツダMazda3CX-30e-SKYG2.0

マツダは、Mazda3とCX-30にM Hybridを採用した「e-SKYACTIV G 2.0」を搭載するなどの商品改良を実施して8月下旬から順次発売します。

マツダ、Mazda3とCX-30に「e-SKYACTIV G 2.0」を搭載するなどの商品改良

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MAZDA CX-30」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、本日より予約受付を開始します。発売は、「MAZDA3」が9月下旬以降、「CX-30」は8月下旬以降を予定しています。

Mazda3とCX-30の一部商品改良の概要

「e-SKYACTIV G 2.0」搭載

  • 直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を「e-SKYACTIV G 2.0」に変更
  • 独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせた「e-SKYACTIV G 2.0」は減速エネルギーを回生して電力として活用するほか、発進時のモーターによるアシストなどによって、環境性能と走りの質向上を両立。現行モデル対比WLTCモード燃料消費率を約0.6km/L改善
  • 始動や発進時にモーターがエンジンをアシストすることで、音や振動を低減。乗り心地や運転操作の質を高め、走る歓びを進化

 

機種体系の見直し

  • 「e-SKYACTIV G 2.0」、「SKYACTIV-D 1.8」搭載車の上級グレードを「Proactive Touring Selection」に集約し、上級インテリア加飾や自動防眩ルームミラー(フレームレス)を採用。内装の質感をさらに向上
  • 「Proactive Touring Selection」に本革内装をメーカーオプション設定
    Mazda3→バーガンディレザーパッケージ※、ブラックレザーパッケージの2種類
    CX-30→ホワイトレザーパッケージ、ブラックレザーパッケージの2種類
    ※ファストバックのみ

 
MAZDA NEWSROOM「MAZDA3」「MAZDA CX-30」を一部商品改良|ニュースリリース

 

雑感

Mazda3では、「L Package」と「Burgundy Selection」が無くなったんですね。このグレードは、「X」だけになったんですね。なによりもセダンからホワイトレザーの設定が無くなってしまったのは寂しいですし、それなら、セダンにもバーガンディレザーパッケージがあっても良さそうです。ファストバック、セダンの区別なく「Proactive Touring Selection」以上には、赤、白、黒の本革内装を選べるようにすればもっとさっぱりしたのにと思います。

いよいよ、と言うか、とうとう国内でも「e-SKYACTIV G 2.0」を採用しましたね。ガソリンのMX-30を乗った時のそこはかとなく乗りやすさがMazda3とCX-30でも味わえるんですね。

ところで、CX-30の巨大なクラッディングパネルをボディカラーと同色にするとか光沢化するとかなどの改良はしないんですね。このまま、エクステリアデザインにあまり手を加えること無く、モデルライフをまっとうしそうですね。

 

https://super.asurada.com/cars/mazda/mazda3/2022/75084/