マツダ、初期型Mazda3とCX-30のSKY-D向けに「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1 」を近日販売

大阪マツダが、Mazda3とCX-30の初期型に対してエンジンの制御プログラムの最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」を近日販売すると案内しています。

マツダ、「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1 」を近日販売

マツダ、「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1 」を近日販売
大阪マツダのホームページによると、

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」エンジン搭載車の「MAZDA3」「MAZDA CX-30」初期型モデル*1を対象に、エンジンの制御プログラムの最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1(マツダ スピリット アップグレード ディー 1.1)」*2を、近日中に販売開始します。

販売開始にあたり、YouTubeライブ配信が行われます。是非ご視聴ください。乞うご期待!!

  1. MAZDA3は2019年4月2日~2020年11月3日生産、CX-30は2019年8月6日~2020年11月30日生産のSKYACTIV-D 1.8搭載車対象
  2. エンジン制御プログラムの最新化サービスは、昨年11月に道路運送車両法の一部が改正されたことで、使用過程時の車両へのソフトウェアアップデートによって性能変更や機能追加(改造)が可能になる許可制度にのっとり、実施するものです。
  • 配信:9月4日(土)20時よりマツダ公式YouTubeチャンネルにてライブ配信されます。(配信URLは、9月2日(木)に公開予定のマツダオフィシャルWEBサイトよりご確認下さい。)
  • 内容:本サービスの詳細や開発者の想いについて紹介する、開発エンジニアと自動車ジャーナリストによるトークショー。

SKYACTIV-D | 大阪・関西でマツダ車のご用命は大阪マツダ販売株式会社へ

とあります。SKY-D 1.8向けは「販売」になるんですね。SNSで5万円という数字を見かけたのですが、なかなかの金額ですね。

SKYACTIV-D 1.8のスペック

最新型では、初期型に比べ最高出力が10KW〈14PS〉アップし、最大トルクはそのままで、燃費が僅かに悪化しています。

最新型
  • 最高出力:95kW〈130PS〉/4,000rpm
  • 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,600rpm
  • WLTCモード燃費:2WD(6EC-AT) 19.2km/L、4WD(6EC-AT) 18.4km/L
初期型
  • 最高出力:85kW〈116PS〉/4,000rpm
  • 最大トルク:270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,600rpm
  • WLTCモード燃費:2WD(6EC-AT) 19.8km/L、4WD(6EC-AT) 18.8km/L


e-SKY Xに関しては、SPIRIT 1.1の後にさらに燃費向上のアップデートがあったので、これもなんとかならないものかと思っています。

マツダCX-30のユーザーのツイートよると、マツダは、SKYACTIV-X SPIRIT 1.1以降のアップデートを有料で実施する予定とのことです。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    スカイXに関しては、ハードウェアはやり尽くしているため、更なる改良は無い反面、ソフトウェアではプログラムを更新してゆく事で改良を重ねていくと言ってたと記憶していますが、スカイGやスカイDも、そうなってゆくのでしょうか!

  2. GJ乗り より:

    試乗したことがないのですが、某ユーチューバーが言うように(主に中間加速の)トルクが少し足りないのであればその改善があればなお良かったかもしれませんね
    アドブルー無しではキツイのでしょうか