マツダ、イギリスでも更新版e-SKYAVTIV Xをまもなく投入

英国マツダが、パワーやトルクなどを向上させたe-SKYAVTIV Xを搭載する2021 Mazda3と2021 CX-30を市場投入するとアナウンスしています。

イギリスでも更新版e-SKYAVTIV Xをまもなく投入

マツダ、イギリスでも更新版e-SKYAVTIV Xをまもなく投入
The 2021 model year versions of the Mazda CX-30 and Mazda3 see the debut of the updated version of Mazda’s unique Skyactiv-X SPCCI Spark Controlled Compression Ignition petrol engine. Renamed e-Skyactiv X, the updated version delivers increased performance and even more efficiency.

(マツダCX-30とMazda3の2021年モデルは、マツダ独自のSKYACTIV-X SPCCIスパーク制御圧縮点火ガソリンエンジンの更新バージョンのデビューを確認します。 e-SKYACTIV Xに名前が変更された更新バージョンは、パフォーマンスの向上と効率の向上を実現します。)

Updated e-Skyactiv X engine makes its debut in the 2021 Mazda CX-30 and 2021 Mazda3

リリースではさらに、

最新の2.0リッターe-SKYACTIV Xエンジンは、6,000rpmで186ps、4,000rpmで最大トルク240Nmを生成し、それぞれ6psと16Nm増加します。 トルクの改善は2000rpm以降で最も顕著になりますが、e-SKYACTIV Xのトルク出力は、ほぼすべてのエンジン速度範囲で、特に日常の運転中に最も一般的に見られる部分負荷運転状況からの加速下で改善されています。 さらに良いことに、モデル、トランスミッション、トリムレベルに応じて、CO2排出量が5〜11g/km減少し、効率も向上しています。 これに対応するWLTP複合経済の改善により、マツダ独自のSPCCIガソリンエンジンの魅力がさらに高まります。

とも書かれています。この後燃費改善を数字で示していますが、まずは、二酸化炭素排出量が低減していることに触れているのがヨーロッパらしいかなと思いました。

そして、改善の内容をISGによるトルク制御を例にあげて説明しているのですが、ニュースリリースとしては日本ではあまり見かけないパターンだなと感心してしまいます。

日本では注目された足回りの変更による乗り心地の改善については、このリリースでは触れていませんね…。

で、最後の最後にMazda3のe-SKYAVTIV X搭載グレードにサンルーフが追加されることと、イギリスで販売されているCX-30とMazda3の47%がSPCCIエンジンを搭載していると書かれています。

マツダオランダは、2021 CX-30を2021年1月に発売すると発表しています。e-SKYACTIV-Xの出力とトルクが向上しています。