マツダ、Mazda3セダンにSKY-G 1.5搭載モデルを追加発売

マツダは、Mazdaセダンに1,500ccガソリンモデル「15S」「15S Turing」を追加し、2020年5月21日より販売しています。AWDの設定はありますが6MTはありません。

街中での運転を軽快に楽しめるSKYACTIV-G 1.5搭載モデル

マツダは、MAZDA3 SEDANにSKYACTIV-G 1.5ガソリンエンジンを設定し、全国のマツダの販売店を通じて本日より販売します。

マツダ、Mazda3セダンにSKY-G 1.5搭載モデルを追加発売
昨年の発売以降、街中での運転を軽快に楽しめるSKYACTIV-G 1.5搭載モデルを選択したいとのお声が多く、このたびラインアップに追加いたします。

マツダ創立100周年を記念し、特別装備を採用した「100周年特別記念車」をMAZDA3 SEDAN SKYACTIV-G 1.5にも設定します。

MAZDA NEWSROOMマツダ、「MAZDA3 SEDAN」に1.5Lガソリンモデルを追加|ニュースリリース

SKYACTIV-G 1.5スペック

エンジンの理想状態を追求した革新技術を採用し、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する高効率直噴ガソリンエンジン。アクセル操作に対するリニアな応答性や伸びやかな加速感など、さまざまなシーンをスムーズに運転できる心地よい走りを実現します。

  • 最高出力:最高出力:82kW〈111PS〉/6,000rpm
  • 最大トルク:146Nm〈14.9kgfm〉/3,500rpm
  • WLTCモード燃費:16.6km/L

Mazda2やCX-3に積んでいるSKY-G 1.5よりも低回転でより大きな最大トルクを発揮できるような仕様になっています。

メーカー希望小売価格(税込)

  • 15S
    • 2WD(6EC-AT):¥2,221,389
    • 4WD(6EC-AT):¥2,457,889

  • 15S Touring
    • 2WD(6EC-AT):¥2,315,989
    • 4WD(6EC-AT):¥2,552,489

  • 100周年特別記念車(15S Touringベース)
    • 2WD(6EC-AT):¥2,893,869
    • 4WD(6EC-AT):¥3,130,369


MAZDA3|5ドアスポーツ・ハッチバック(ファストバック) / 4ドアセダン|マツダ

雑感

これで、Mazda3としては2度目のグレード(モデル)追加です。ファストバックでは、「隠れた名車」のような評価を受けているMazda3x1,500ccなので、セダンでも人気が出るかもしれませんね(出て欲しい!)。ローマ法王が乗ったことからもセダンと1,500ccの組み合わせが注目されました。

2,000ccにAWDだったり、セダンに1,500ccだったり…。要望が多いとして追加している割には、2,000ccxAWDの試乗車は、ファストバックとセダン合わせても4箇所に4台しか配備されていないですし…もう少し売る気を見せてくれても良さそうですが。

こうした追加と商品改良を切り離してしまうと、先に追加モデルを買ってしまうのはなんだか損な気もしますが、だからと言って、待てない事情もあるかもしれませんしね…買い時は難しいです。

マツダは、Mazda3のSKYACTIV-G 2.0搭載車にi-ACTIV AWDを追加し、本日より予約受付を開始し2020年3月12日より発売すると案内しています。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    スカイG1.5Lのラインナップを増やしているということは、新型コロナウィルスによる販売の低迷を打破する策であると共に、近い将来1.5LのスカイXを投入させることを匂わせているんだと思います。アーキテクチャーにスモールとラージに分けられる事は周知のとおりなのですが エンジンもラージとスモールに分けるのであれば、ラージはスカイXの3L、スカイGの2.5L、スカイDの3Lと2.2Lとなり、スモールにはスカイXの2Lと1.5L、スカイGの2Lと1.5L、スカイDの1.8Lと1.5Lとなるのでしょうか!しばらくは、スカイGとXは併売されると思われますが、いつかはスカイXに1本化されるはず。こういう風にみると、やはり私が強く希望しているスカイXの1.3Lの登場は難しいのかな‼︎