[特許]マツダ、Mazda3向け自動車ドア用シール材の特許を出願

マツダは、BP系Mazda3で採用している自動車ドア用シール材の特許を出願しています。

特開2020-69834 自動車ドア用シール材

ウインドフレームから車室外側に向けて突出するシール材取付板部にシール材を取り付ける場合に、シール材の端末部の浮き上がりを抑制する。

第1の発明は、自動車ドアのウインド開口を形成するように延びるウインドフレームの上辺部に形成された車室外側へ延びるシール材取付板部に対して車室外側から取り付けられ、該ウインドフレームとウインドガラスとの間をシールする自動車ドア用シール材において、前記シール材の車両前後方向の端末部には、該端末部を構成する型成形部よりも硬質な材料からなる固定部材が設けられ、前記固定部材には、前記シール材の前記端末部に固定される本体部と、前記シール材取付板部を厚み方向に挟持して該シール材取付板部に係合する係合部と、前記ウインドフレームにおける前記シール材取付板部から車両前後方向に離れた部分に固定される被固定部とが設けられていることを特徴とする。

第2の発明は、前記シール材の前記端末部は、開閉動作する金型で成形された型成形部を有し、前記シール材の前記端末部の前記型成形部には、芯材と共に押出成形された押出成形部が接続され、前記固定部材は、前記押出成形部に達するまで延長されて該押出成形部に支持される延長部を備えていることを特徴とする。

第3の発明は、前記延長部は、前記シール材取付板部に対して上方から当接する当接板部を備えていることを特徴とする。

第4の発明は、前記延長部は、前記シール材取付板部における車室外側の端面に当接する端面当接部を備えていることを特徴とする。

第5の発明は、前記係合部は、前記本体部から車室内側へ向けて突出し、前記シール材取付板部に対して上方から当接する上側当接部と、前記本体部から車室内側へ向けて突出し、前記シール材取付板部に対して下方から当接する下側当接部とを備えていることを特徴とする。

第6の発明は、前記上側当接部及び前記下側当接部の少なくとも一方の突出方向先端側には、前記シール材取付板部を前記上側当接部と前記下側当接部との間に導く案内部が設けられていることを特徴とする。

マツダ、Mazda3向け自動車ドア用シール材の特許を出願

マツダ、Mazda3向け自動車ドア用シール材の特許を出願

特開2020-69834 | 知財ポータル「IP Force」(自動車ドア用シール材)

実車では不具合が出てます?

Mazda3が国内で発売されて間もない頃、ドアのゴムまわりに不具合が出ているというツイートや見られました。対策品が出たと言う話があったような、なかったような。

 

フォローしませんか?