Mazda3、2020年1月のグローバル販売台数は24,519台

マツダが、2020年2月27日に発表した「マツダ、2020年1月の生産・販売状況について(速報)」によると、2020年1月のMazda3のグローバル販売台数は24,519台でした。

2020年1月のMazda3グローバル販売台数について

BP系Mazda3のグローバル販売台数の定点観測(?)です。

国内販売とグローバル販売

国内での「X」グレードの販売比率が日経新聞に載っていました。

マツダによると、現時点の累計販売に占める「Xエンジン」の構成比は「マツダ3」で約4%、「CX-30」で約2%。当初見込んでいた25~30%には及ばない。発売が19年末以降と遅かったものの、受注自体は通常モデルとほぼ同時期に始めていた。

ネックになっているのが同じグレードのガソリン車に比べて70万円弱高い価格設定だ。販社幹部らは「かなりの車好きでないと、乗っても違いが分からない。価格差の理由を説明するのに苦労している」と話す。さらに同エンジンはハイオク推奨。軽油を使うディーゼル車と違い、ランニングコスト面のアピールも難しい。

今後も売れ行きが伸び悩めば、価格政策や宣伝面などで何らかのテコ入れが必要になる可能性がある。

新型車の空白、悩めるマツダ 新エンジン車浸透急務  :日本経済新聞

国内ではヨーロッパと違って、「X」が売れないことによってペナルティの発生が近づくことはありません。それでも次世代の主力エンジンが売れないのは困ります。

散々言われている価格差の問題は、SKY-G 2.0 M Hybridの導入による値上げと性能の見直し(高性能化)で解消すると思われます。

Mazda3、2020年1月のグローバル販売台数は24519台

発売後9ヶ月間の累計販売台数ではBM系に及ばず

発売後9ヶ月でBP系は26,131台のところ、BM系は36,104台だったので27.6%減少しています。


MAZDA NEWSROOMマツダ、2020年1月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

マツダが、2020年1月30日に発表した「マツダ、2019年12月および1~12月の生産・販売状況について(速報)」によると、2019年12月のMazda3のグローバル販売台数は29,740台でした。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ん〜、そもそもスカイXより先にスカイGにMハイブリッドをくっ付けて売り出せば、今日の様な評価にはならなかったのかなという感じがします。スカイXを出した後に、スカイGにMハイブリッドを付けて出してしまうと、追随して価格を上げたとまた非難されるかもしれません。アクセラから車名をmazda3に変えてデビューさせた時に同時にスカイX・Mハイブリッド、スカイG・Mハイブリッド、スカイDを出しておけば良かった様な気がします。一度落とした評価を上昇させるのは、かなり難しい事かもしれません。次なる改良や目をみはる進化で性能がアップしない限り難しいでしょう。でもそういう困難を幾つも乗り越えてきたマツダ‼︎何らかの対策を講じてより一層の性能アップに努めて頂けるものと信じています。