国内仕様Mazda3 SKY-X搭載車について色々分かってきました

国内仕様Mazda3 SKY-X搭載車について色々分かってきた

モーターファンの記事で国内仕様Mazda3 SKY-X搭載車の足回りの変更やレギュラーガソリンを入れた時の挙動などついて分かってきました。

国内仕様Mazda3 SKY-X搭載車

足回りの構造やセッティングの変更

Mazda3登場からずっとトーションビーム式リアサスペンションと乗り心地の硬さ・突上げ感が話題になっていますが、「SKY-X」では改善されているようです。

これがまったく違うのだ。リヤの突き上げ感は大幅に改善されていた。これまで新型MAZDA3の後席に何度も乗って乗り心地を試してきたスタッフによれば、「まったく違います。乗り心地、これならOKです」とのことだった。

マツダ開発陣にモーターファン・イラストレーテッド編集スタッフが取材したところによると、X搭載モデルは、空気圧を前260kPa(G2.0は250kPa、D1.8は260kPa)後250kPa(G2.0、D1.8も同じ)にしたという。それだけ? ではもちろんなくて、リヤサスペンションの支持剛性やアーム周りの板厚を上げたり、ステアリングラックの支持剛性を上げたりと細かな改良を施したらしい。

とにかく、これなら満足な乗り心地だ

SKYACTIV-X搭載のMAZDA3、400km走ってわかった○と×。数値(燃費)に表れない魅力はあるか?|MotorFan[モーターファン]|ページ 2/3

Mazda3自体は、海外での発売からそろそろ1年を迎えるので、細かな商品改良(年次改良)の手が入っていても不思議ではないです。さずがに、多くの指摘があったと思われる乗り心地は、「X」搭載車以外も改善されそうです。

レギュラーガソリンを入れると「X」らしさが薄まる

で、レギュラーガソリンではどうかというと、これが思った以上に変わった。高速道路ではなく一般道での走行でもはっきりと分かる。トルクの線が細くなったというか、アクセル開度に対するレスポンスがまったりするというか、ぐっとおとなしい印象のエンジンに。

このおとなしくなる印象は、高速巡航にアクセルオンで加速しようとするとより顕著に感じられるが、一般道でも違いは大きい。

もちろんレギュラーガソリン使用も考慮された制御なので、エンジン回転上昇がスムーズでなくなるとか、異音や振動が出るといった不具合はまったくない。

ハイオクガソリンのときに感じた特別感はレギュラーガソリンにすると非常に薄〜くなってしまう。

SKYACTIV-XのMAZDA3にレギュラーガソリンを入れてみた! ハイオク“推奨”のマルチオクタン対応エンジンの走りは変わるか?|MotorFan[モーターファン]

この感想には、少々驚きと落胆を覚えます。「普段乗りの場合、SKYACTIV-Xにレギュラーガソリンを入れた状態でも、SKYACTIV-G 2.0(レギュラー仕様だ)よりキビキビ走って燃費はいいという。」という別記事での話が事前にあったから、燃料を使い分けてもその差は小さいのだろうろと思っていたからです。


SKYACTIV-X アーカイブ » T’s MEDIA

 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    この乗り心地、走りの印象というのは、その乗り手によって違っていたり、変わるものだと思います。私のように、そういう試乗体験する機会がない為者にとっては、今デミオに乗っていることからスカイXのmazda3に乗ると超高級車に感じるのかもしれません。デミオでもそうですが、購入してそこそこ乗っていると一長一短が分かってくるし、今の車はこういうメカニズムのものなのかと、何とかその新しい感覚に自分を慣らしていかなければならないのだと思うものだと思っています。今、世間ではスカイXに対して、価格の割には、前評判程のスペックになっていないと、マツダ叩きの評価が多く見られることに、正直胸が痛い思いです。が、きっとさらなる改善でより良く、スカイXが進化していく様を見届けたい気持ちでいっぱいです。