Mazda3、2020 Green Car of the Yearのファイナリストに

Mazda3が何故か2020 Green Car of the Yearのファイナリストに

Mazda3が、2020 Green Car of the Yearのファイナリスト5台に選ばれています。受賞車は2019年11月21日に発表になります。

Mazda3、2020 Green Car of the Yearのファイナリストに

2020 Green Car of the Yearのファイナリストの5台とは…。

  1. フォードエスケープ:効率的な内燃機関、ハイブリッド、およびプラグインハイブリッドドライブトレインで利用できます。
  2. ヒュンダイソナタ:パワーは低燃費の4気筒エンジンまたはヒュンダイ初のソーラーパネルルーフを備えたハイブリッドによって供給されます。
  3. 起亜ソウル:その標準およびターボエンジンは、最大35 mpgの燃料効率を提供します。
  4. マツダ3:セダンまたはハッチバックとして利用可能な最新世代のMazda3は、SKYACTIV-G2パワープラントのおかげで、ハンサムなスタイリング、ウェルカムパフォーマンス、走行効率を特長としています。
  5. トヨタカローラ:従来のモデルで最大40の高速道路mpgと、ハイブリッドトリムで印象的な合計52のmpgを実現します。

こうして見ると、やはり、Mazda3の「グリーン度合」が低いように思います。本来、こうした賞にノミネートするなら「SKYACTIV-X」搭載車にするべきで、従来型のエンジンでは不釣り合いだと思います。イヤー賞は、トヨタカローラあたりが順当ではないでしょうか。


Green Car Journal Announces Finalists for 2020 Green Car of the Year and Green SUV of the Year – LA Auto Show // Nov. 22 – Dec. 1, 2019