マツダCX−60 PHEV、Green NCAP 2023の評価は星2.5

この記事は約5分で読めます。
Ads by Google

マツダCX−60 PHEV、Green NCAP 2023の評価は星2.5

自動車の環境性能を評価するGreen NCAPによる評価でマツダCX-60 PHEVは星2.5の評価でした。いくつかの評価項目では0点もありました。

マツダCX−60 PHEV、Green NCAP 2023の評価は星2.5

5点満点中2.5では、ちょっと残念な結果という解釈でいいのでしょうね。環境性能の向上を目的に作っているPHEVなのに…。



ガソリンエンジン単体としての環境性能が、どうも、イマイチのようで評価を下げている要因のようです。評決(verdict)がちょっと長めなので、生成AIに手伝ってもらってまとめると…

マツダの初のプラグインハイブリッド車であるCX-60 PHEVがテストされました。この大型で豪華なSUVは、豊富なパワー(141kW ICE + 129kW EM)とトルクを提供しています。マツダは電気走行距離(EAER)を63kmと宣言しましたが、Green NCAPのテストでは、アクティブなキャビン冷房を使用した場合、実測では51 kmでした。重厚でスポーティなマツダの場合、ハイブリッドシステムの消費と排出削減への成功は、比較的低い電気走行距離と、特に純粋な燃焼モードでの高いエネルギー需要の数値によって制限されています。これは、マツダの最もパワフルな量産車であり、電動パワートレインの一部が主にダイナミックな性能向上のために使用されているようです。この前提に基づいて、エネルギー効率と温室効果ガス指数の控えめな結果は驚くべきことではありませんが、グリッドからバッテリーへの出力効率が測定された85.6%よりも高ければもっと良い結果が得られた可能性があります。クリーンエアインデックスは、排気後処理の問題、特にいくつかのテストでのCO超過と一般的に高い粒子数により、10点満点で5.4点を獲得しました。これらのより高度なテストが行われましたが、車両の平均スコアは追加の堅牢性評価の基準を下回り、標準テストのみで車両が評価されています。総合的に、CX-60プラグインハイブリッドは48%の平均スコアを獲得し、3つ目の星にわずかに及びませんでした。

以降、評価項目を詳しく見てみます。

Clean Air Index(きれいな空気 指数)


Laboratory Tests(実験室試験)では、PHEVの場合、すべての実験室テストを充電維持モード (つまり、主に内燃機関を使用して走行するとき) で行われます。電荷消耗モード (つまり、バッテリが完全に充電された状態でテストが開始される場合) では、WLTC+コールドテストのみが使用されるとあります。

この項目でのコメントです。良いところがないです。

マツダCX-60は、排気ガスの後処理において印象を与えることに失敗しています。燃焼モードでは、車両は一般的に大量の粒子を排出し、NOxを十分に制御せず、NH3およびCOの閾値を超過しました。特に、CO排出量はハイウェイテストおよび-7℃の低温環境テストで急増し、粒子の排出もネガティブなポイントを獲得しました。その結果、両方のテストで車両は0ポイントに罰せられています。オンロードヘビーロードは充電された電動バッテリーで開始されますが、このテストでも助けにはなりません。CX-60は半分のポイントしか獲得していません。

Energy Efficiency Index(エネルギー効率 指数)


高速度での試験結果が良くないです。

この項目でのコメントです。

重厚でパワフルなマツダSUVのテスト結果では、電気駆動の航続距離が51 km(EAER)となりましたが、バッテリーが空になると、CX-60は平均して100 kmあたり7.7リットルのガソリンを消費します。ハイウェイテストでは、この数値が100 kmあたり9.6リットルに上昇します。都市でのショートトリップでは、ガソリンエンジンのみを使用する場合、ほぼ100 kmあたり12リットルが必要です。充電されたバッテリーを使用したテストでは、PHEVは燃費を自然に改善しますが、この車では電力需要が依然として比較的高いです。積極的でスポーティな運転では、車は約7リットルと100 kmあたり8 kWhを必要とします。このPHEVの場合、評価は充電されたバッテリーを41%使用し、59%を従来のハイブリッド車として使用すると仮定しています。この割合は、利用可能な電気走行距離に基づいており、Green NCAPのテストでは公式に宣言されたほど高くはないようです。

Greenhouse Gas Index(温室効果ガス 指数)


この項目のコメントです。

CX-60の高電圧バッテリーにより、通常の日常の移動は主に電気車両として完了し、温室効果ガスの排出を効果的に低減できます。ただし、バッテリーが空の場合、温室効果ガスの数値は通常の大型ガソリンSUVと同等となります。寒冷な動力伝達スタート研究所WLTC+テストでは、排気管から141 g CO2/kmが排出され、燃料の生産と供給から37 g CO2‑eq./kmが追加されると、その値は179 g CO2‑eq./kmに増加します。合計で286 g CO2‑eq./kmとなり、ハイウェイテストはバッテリーが空の状態で試験された際には評価がありません。

 
Green NCAP assessment of the MAZDA CX-60 E-SKYACTIV plug-in hybrid AWD automatic, 2023

雑感

さすがに電動化車両なので、既存の内燃機関だけのマツダ車と比較してスコアは高めです。ただ、単に環境性能に限って見るならば、Mazda2のような小型車の方が評価が高くなっています。

内燃機関を磨くと強い口調で語るマツダならば、環境性能面でも能力を高めなくてはならないようです。

タイトルとURLをコピーしました